田舎暮らし子どもの習い事事情~スイミング(水泳)編~

こんにちはーハナザワでーす。

9月に入ってサンマがスーパーで主張するようになってきました。
まだお前ら高いからまだ買ってやんないわ。もう少し値段下げて出直してきたまえ。

サンマ.jpg

さて。
突然ですが皆さん、子どもの頃ってどんな習い事してました?
私も人並みにピアノや水泳、家庭教師とか来てた時代もありました。まーどれも身についてませんがね(笑)

今日は私もイチ母として、気になる子供の習い事事情について。
田舎って人も店も塾も少ないけど大丈夫なの!?って、気になりますよね~。
まだこの町の習い事事情については調査の段階なのですが、今日は習い事の中でも男女ともに人気ランキング毎年トップ3に入る"水泳"について、この町の事情を探ってみたいと思います。

海があっても子供にはプールで泳がせたい!ママ事情

この町に来て驚いたこと。

ママ友:「うちの子、スイミング始めようと思ってるんですよ~」
私:「は?海でいいじゃないですか!」
ママ友:失笑...


どうやら同じ水浴びでもワケが違うようです。

鋸南町にも夏場は海水浴場が解放されます。
が、大体遊んでるのは町外の方。

なんで町内の人は海がこんなに近いのに海水浴に行かないのかって話をママ友や地元の人に聞いたところ、

  • 「海は海水がべとべとする」
  • 「砂のついた衣類の洗濯が大変」
  • 「海水で濡れた子どもを車にのせて連れて帰るのが面倒」


※夏場の海水浴場には無料シャワーも解放されるのですが。

とまあ、つい頷いてしまう回答が多数。

それに引き換えプールは

  • 水がきれい=洗濯物が楽
  • 安全・清潔
  • 屋根があるので日差しが暑くない
  • 天候に左右されない

などなど、ママにとってはメリットがたくさんあるようです。

home

現役東大生の約6割が水泳を経験、こりゃうちの子も通わせねば!

うちの子も3歳になったし、言葉で意思の疎通もできるようになってきたし、もうすぐオムツも卒業できそうだし、何か習い事でもさせたいなーと考え始めてるところ。
人気の習い事なんて調べてみちゃったところ、結果は以下の通り。

男の子

  • 1位 水泳
  • 2位 英会話
  • 3位 音楽教室

女の子

  • 1位 水泳
  • 2位 英会話
  • 3位 ピアノ

このどこかの調査を鵜呑みにしてはいけませんが、女の子のランキングのピアノは意外や3位。
私が子供のころはクラスの1/3くらいはみんなピアノ習ってたような気がするけどなー。
そして私たちの子供のころにはなかった英会話というニュージャンルが男女ともに2位にランクインしております。

どこの情報を調べても水泳は男女ともに断トツ人気。(因みに海外でも水泳のレッスンは人気なんだとか。)

理由としては、

  • 体は将来どの道に進むにしても資本だから
  • カラダを丈夫にしたい
  • 水嫌いを克服させたい
  • 泳げるようにして恥をかかせたくない
  • みんな周りが通ってるから


等など。


"子どもの好き嫌い"というより親の都合って感じがしますね。
因みに私がスイミングに通ってた理由は、確か近所に立派なスイミングスクールがあり、そこにセブンティーンアイスの自販機があったからだったと思います。

セブンティーンアイス.jpg

(※余談ですがイラストカラーになりました。)

いいじゃない、そんなヨコシマな理由だって。子供なんだから。


home

鋸南町の習い事事情。どんな習い事ができるの?

「でもさーそんなこと言ったって、田舎にはそんな通えるとこないんでしょー?」

なめてもらっては困ります。
鋸南町、子供の学力&体力は実は優秀。
体力テストは中学生女子、千葉県で1位だそうです。(2018年現在/ハナザワ調べ)

因みに鋸南町町内で通える習い事一覧は以下の通り。

  • スカッシュ(テニスのようなスポーツ。プロが教えてくれるので鋸南町はこのスポーツめっちゃ強いらしい。)
  • 学習塾(英語もあるらしい)
  • 和太鼓(夏祭りシーズン限定。開催日不定期。場所は公民館やコミュセンなど。伝統継承の為、高校生や地域の人が教えてくれる。費用は無料。)
  • 華道教室(現在のところ土曜日に公民館で有名なお花の先生が教えてくれる)


上記はハナザワが見たり聞いたりした情報なので、実際にはもっと色々な習い事があるのかもしれません。

因みに毎週木曜日は小学校で"放課後子供教室"というものが開催されており、地域の人がボランティアで自分の得意とする分野を子どもたちに教えてくれます。

【内容一例】

  • 漫画教室
  • 将棋
  • グランドゴルフ
  • ペタンク
  • 工作

因みにハナザワもここで"バイリンガル(二か国語)ヨガ"を子どもたちと一緒にやってます。

鋸南小学校に通う生徒さんなら誰でも参加可能。

バナナ.jpg



更に時間的に余裕のある人は車で近隣の町へでればもっと習い事の幅が広げられそうです。
例えば先ほどのランキングにランクインしてました音楽教室は、館山(車で高速使って20分くらい)のイオンの中に音楽教室がありますし、英会話教室も同じく館山にネイティブスピーカーの先生がいるようです。

このように子ども向けのサービスは都会ほどとはいきませんが、思ってた以上に充実しておりました。

home

鋸南町で水泳習うならここ!B&G海洋センター

こんな立派な施設があったとはびっくりしましたよ、鋸南町。
ざっくりまとめていうと、町民向け運動施設

DSC_3174.JPG

入り口横にいい言葉発見。

DSC_3175.JPG

世界一家 人類兄弟

アツい!!アツいぞ、この施設!!!!

さあ、中へどうぞ。

施設内には体育館、武道場、会議室、スイミングプール、外には芝生のサッカー場など、運動にまつわる施設がそろっております。

DSC_3182.JPG

↓会議室なのか多目的室なのか。
荷物入れになっておりましたが、ベビーベッドも完備。
ホール16.jpg

水泳の更衣室。

更衣室1.jpg

プールは奥が小学生~大人向けの深いプール。
手前は未就学児向けの浅いプール。

こんなにきれいなのにこの冬には改装工事するんだって。
どこを修繕するんでしょうかってくらい言う事ないのに。

DSC_3176.JPG

見てみて!注目!

DSC_3179.JPG

SUP(スタンドアップパドル)発見。
夏休み中の子供向けの教室でサップのクラスもあったんだってー!
これって波の立たない内房ならではなのではないでしょうか!?

いいないいなー、子どものうちからSUPに慣れ親しめる環境って、めちゃめちゃ贅沢だと思うんですけど!



鋸南町、水泳や剣道が強いようです。

DSC_319011.JPG

未就学児向けのベビースイミング教室も定期的にやってるようで夏場は特に人気なんだとか。

000DSC_3181.JPG

体育館とプールの使用時間。
夜間も営業しててくれてるのはありがたいですね。
仕事帰りとか寄れそう。

DSC_3188.JPG

↓料金表

DSC_3189.JPG

破格ですなー。
スポーツジムなんか比較にならんでしょ。
皆様ももし地元に公共のスイミング施設があるなら、今すぐスポーツジムを解約してこっちに乗り換えるべき。




home

アクセス方法

それでは行き方の説明。

行き方は色々ありますが、今回はわかりやすい道でご案内いたします。

ざっくり地図はこんな感じ。

スクリーンショット (75).png

国道127号線から案内しましょう。

東京方面から来ますと、勝山のセブンイレブンが左手側に見えてきます。

スクリーンショット (761).png


そのまま300mくらい直進しますと、同じく左手側に消防署が見えます。

スクリーンショット (77).png


そしたらそこを右折。

スクリーンショット (78).png


農道に入りますのでそのまま直進。
看板とか何も出てないので不安になりますが、大丈夫。

BG道1.jpg

坂道を登ります。
車なら何てことありませんが、自転車&徒歩だと結構なトレーニング。

BG道2.jpg

道なりにまっすぐ進むと右手側に芝生のきれいなサッカー場が見えます。
その手前を入った道がB&G海洋センターでございます。

スクリーンショット (86).png


無料駐車場完備。

以下のまとめでも住所とウェブサイトを記載したのでそちらも参考にしてくださいね。




home

まとめ

いかがでしたか?
田舎は大自然にかこまれて、のびのび子育てできそうだけど、習い事とか教育とかそういうものには期待できないのかなあ...と正直なところ、私もこの町に移住してくる前までは考えておりました。

が、実際には子どもが少ない町だからこそ、大人や周囲の目が行き届き、質の高い教育を受けさせられるという事に気づき目から鱗。

人が少ない、店が少ない、サービスが少ない=質が悪いという先入観が一気に崩れ落ちましたね。


都会からの移住を検討してるけど、子育て&教育で行きどまってるというママ様がいましたら、どうぞまずはその私がかつて持ってたような先入観を一度手放してみてください。


そもそも都会と比べるようなものではないのかもしれませんね。

【鋸南町B&G海洋センター】

住所 〒2992118千葉県安房郡鋸南町竜島1111-6
TEL 0470-55-4411
FAX 0470-55-4450
ご利用時間 9:00~21:00
休館日 月曜日
団体利用 不可
ウェブサイト:https://www.bgf.or.jp/center/0379.html

home

きょなん町地域おこし協力隊ハナザワ

きょなん町地域おこし協力隊ハナザワ

千葉県南房総地域

2017年10月、東京都より家族3人(夫、私、息子2才)で鋸南町に移住。 旦那はカナダ人の国際結婚。 職業はヨガインストラクター。 カレーが大好き過ぎて「地球の歩き方」片手にインドへ。そのままの流れで現地の旅行代理店に就職。20代の半ば4年間をインドで過ごす。 帰国後、日本で今の旦那と出会いカナダへ移住。寒くて1年でギブアップ。6㎏の脂肪を蓄え帰国。 帰国後は東京に4年、出産を機に忙しすぎる生活に疑問を感じ、移住を決意。 鋸南町の地域おこし協力隊の募集を見つけ応募したところ見事当選。現在に至る。 家族の会話は日本語と英語によるまぜこぜコミュニケーション。 いなか暮らし経験ゼロ、日本語喋れない主人とイヤイヤ期真っ只中の息子と鋸南町で過ごす日常を紹介していきます。

この投稿者の移住ブログ

千葉県南房総地域(館山市、鴨川市、南房総市、鋸南町)の移住ブログ