妊婦だけど地域おこし協力隊。先輩...つわり酷いんだけど仕事休んでいいすか?

はい、ハナザワでーす。

妊婦だけど地域おこし協力隊。
ただいま妊娠5か月目です。

img-5m1.gif

おベビは今こんくらい↑のサイズらしいです。

さて。

地域おこし協力隊って
自治体によって、
地域によって、
担当者によって、
その人の個性によって

活動内容は千差万別。

全国にただいま4000人を超える協力隊がいるそうですが、共通してる志は

地域を元気にすること

ではないでしょうか?

私が協力隊に着任して只今10か月を超えました。
そんな中、妊娠が発覚したのですが、その時思わずググったのは

「妊婦って協力隊活動どうしてるわけ?」

ってこと。



しっかしまー、出てこん出てこん。
ここまで情報がないって、

協力隊が妊娠ってどこかタブーな印象なんでしょうか?

不安になりますよね。

まー
これから協力隊になる人、
既に協力隊の人、
そして協力隊で妊娠を考えてる人、
既に妊娠中の人へ

これまた少しでも私の経験が
参考に?励みに?反面教師に?

なんでもいいので何かお力になれればと思い、協力隊活動期間中の妊娠ツワリ期間の事を中心に色々書いてみようと思います。

因みに過去記事も参考にしていただければ幸いです。

地域おこし協力隊任期中に妊娠発覚。協力隊の産休制度等について
地域おこし協力隊就任中に妊娠。産婦人科はどこへ?

来た!つわりが始まった!

妊娠発覚は5月下旬。
ツワリって症状がホント人それぞれのようです。
おもしろいことにつわりの種類も色々あって

  • 吐きツワリ
  • 食べツワリ(何か食べてないと気持ち悪い)
  • 眠りツワリ(1日中ねむい)
  • よだれツワリ(よだれが1日中だらだら出続ける)

等など。2つ以上の症状が出る人も少なくないです。
(※↓吐きツワリのイメージ画像)

mer02.jpg


こればかりは選べないのでくじ引きみたいな感覚です。
余談ですが、喉のあたりが弱い人は吐きツワリになる傾向が高いんだとか。


まーどれにあたってもきついんだろうよ。
私が一人目妊娠した時は"食べツワリ"で、1日中何か食べてないと気持ち悪い。
当然、食べ続ければ満腹になるんだけど、それでも何か口にしてないと気持ち悪い。

これはこれで地獄。


そして今回は一人目の時と真逆の何も食べられないツワリ。
でもお腹はすくので食べる。⇒やはり気持ち悪い。

食べても地獄、食べなくても地獄。


地獄地獄言ってたら、産まれてくる子に大変失礼だとは思うんだけど、この時ばかりは

あー赤ちゃんって地獄からやってくる天使だわー

と思いました。

ねー男性のみなさん、妊婦って大変なんでございますよー。

home

1か月で体重-4㎏。とにかく食べられん

日頃、どう頑張ってもなかなか痩せてくれないこの身体。
痩せんでもいい!っていうこういう時はするする落ちていくのね。

1か月で4キロ減。体重計の前で一人、密かにほくそ笑みながらも足元はフラフラ。
流石に協力隊の私の机が置いてある役場の人たちも異変に気付き始める。

(※↓足元フラフラ=チドリアシ。千鳥のイメージ画像)

cdr-111214a.jpg


home

ツワリはなかなか気付いてもらえない

妊婦さんアンケートの調査によると、ツワリで一番多い症状は"吐きツワリ"なんだとか。
でも私の周りにはあまり吐きツワリって人いなかったんですよね。

よくテレビドラマで見る、トイレで吐いて「え?妊娠...?」みたいなの、あれはないと思う。


何となくカラダがだるいなー、胃がむかむかするなー、眠いなーっていう、病気ではないけど、完璧ではない状態。
ずーっとなんか船酔いしてるような。
中にはベッドから起き上がれなくなる位酷い方もいるそうですが、これまた私の半径5mくらいの友人関係の中で言えば、みんなツワリに耐えながら仕事を
頑張ってる人が多かったです。

そして自分が思ってる以上にツワリって気づいてもらえないようです。

地域おこし協力隊って自治体の職員さんとはちょっと働き方が違ったりする場合が多いのでそういう意味でも気づかれにくいのかも。

home

立ってても辛い、座っててもつらい

有難いことに、私のその日の協力隊活動内容は比較的自分で決められることが多いです。
役場の座席でパソコン打ったり事務作業してる時間もあれば、外に出てヨガしたり移住相談受けてる時間もあったり。

座ってじっとしてることがきつい時は、動き回ってることがしんどい日もあるので、これは本当に助かった。

ツワリはきついんだけど、病気ではない。
仕事も頑張ればできる。


これ、案外厄介。


鋸南町の地域おこし協力隊の制度でいえば、どちらかというと仕事は
いわれたことをやるというより、自分で仕事を探して見つけて作っていくほう。

だから(こんなこと言ったら怒られますが)さぼろうと思えばいくらでもさぼれるし、
やろうと思えば限りなく仕事はあります。

私が行った仕事の調節の具体例としては、

  • 気温が40度を越えるクレイジーな季節という事もあったので、町内取材のペースを落とした
  • 運転できるようになったので近場であってもつらい時の移動は車に切り替えた
  • PC作業が多い日はこまめに休憩を入れる
  • 予定をいれる数は一日一個まで。(簡単な仕事の場合は午前1個、午後1個など)


等など。

しんどくなってしまうともう自分でもどうしようもないので、しんどくなる前の対策が大切だという事を学びました。


ハナザワ レベルガ 1P アガッタ。

3055996.jpg

home

協力隊の妊娠事例の情報が少なさすぎる

地域おこし協力隊って2009年から制度化された事業なんで、まだ10年もたってないんですね。

全国に4000人いるとは言えど、


その中の一体何割の隊員が女性で、
その中の何割が既婚者で、
その更に何割が妊娠を隊員期間中に経験してるでしょうか?
そしてその妊娠経験者の中の何割が一体、積極的に情報発信してるかというと、

それはもう

砂漠で紛失したコンタクトレンズを探すようなもん

ですよ。

250px-Kalahari_E02_00.jpg


いや、鳥取砂丘くらいにしとこうかな、、、

女性ってね、不思議なことに身籠ると本能が"この子を敵から守らなきゃ"って頭に切り替わるらしく、妊娠を隠したり周囲に攻撃的になるんだって。
だからなのかな、あんまり協力隊の妊娠に関する情報が調べてみたんだけどネットに載ってないんだよね。


地域おこし協力隊って、自治体にもよるけど一つの地域に多くても数人程度。
会社とか大きな組織なら自分が妊娠した時先輩に経験談とか相談できるけど、地域おこしってその点孤独だな~と思います。

勿論、話を親身になって聞いてくれる仲間はいるけれど、妊娠のリアルな現状を話せる同じ協力隊仲間ってそうそう出会えるものではないのかも。この先、協力隊が全国にもっと増えてきたらまた状況は変わるんだろうけど、2018年現在ではまだまだその領域には到達しなさそうです。

なので、こんなわたくしのボヤキなんかでも、全国の協力隊妊婦さんが少しでも共感してくれたらうれしいなあと密かに思っております。


home

先輩、仕事休んでいいすか?

ツワリは病気じゃないし、仕事も頑張ればできるとはいったものの、妊娠3か月から4か月にかけてはツワリピーク。
もうね、行動する気も起きなければ、そもそも気力がない。

ネットで「つわり、仕事、早退」とかググっちゃうから、私。



もう一刻も早くおうちに帰ってごろんと横になりたい。
寝たい。ここが学校なら保健室に行きたい。

(※↓みのむしのイメージ画像)

a8395887bd5b1a8da4d94a333591dba5_sw680.jpg

ああ、もう息子を保育園に預けておうちで一日中誰にも邪魔されず毛布に包まってゴロゴロしていたい。

こんな使いものにならない協力隊なのにお給料を頂いてるのも申し訳なくて、でも休んだら迷惑もかかるしなって考えるとひたすら耐えるしかない...

ぶっちゃけ、ただでさえ給料少ないのに(手取り15万円未満)これ以上減るとか困るし。


ああ、弁解しておくと本当につらいなら休むけど、頑張れば働けるって位なら踏ん張ろうってこと。

というわけで妊娠5か月本日現在まで根性で休んでおりません。

でも協力隊のかたでもしも妊娠した方がいたとしたら、辛いときは躊躇わずに休んでいただきたい。
ストレスと無茶が妊婦には一番よくない。


他人に迷惑かかるだ、給料うんぬんよりやはりベビーが一番大切。

ただね、私が恐れていることは一回休むと明日も明後日も休みたくなるんじゃないかっていう事。
風邪とは違って長期戦だからね、ツワリは。(早い人で1か月~長い人で10か月まるまるツワリに悩まされるって人も。ひょえ~。)


因みに。
地域おこし協力隊は半年頑張って働くと10日間の年次休暇(有給)がもらえます。
その後も活動日数に応じて有給がもらえますので、ここぞという時には利用してみましょう~。


home

ツワリ中の協力隊活動について

やはり、早めに担当者に妊娠の事をお伝えして、無理のないスケジュールに変えていただくことがベストだと思います。

人それぞれ、考え方は違うと思うけど、

私は周りに言っちゃったほうが楽!

って感じました。


どうしても体調が悪い時や眠い時(そう、何故か妊娠してから今日まで毎日非常に眠いんです)、怠けてるんじゃないの?って思われてるんじゃないかという勝手な被害妄想に駆られたりするので、どこかで「まー、ハナザワ、妊婦だしねー」って理解してもらいたい・甘えたいって気持ちも正直あります。
(※実際には上記のようなマタハラと呼ばれるアクションをしてくる方はいませんが。)

私の活動内容の一つでもあるヨガは、それぞれ担当者さんがいつも心配して下さり申しわけないくらいなのですが、自分のからだのことは自分が一番よくわかっているし、無理はしないという約束で続けさせてもらってます。

私はまだデスクワークと外の仕事が選べる活動内容なのでいいけれど、協力隊の中には農業や観光PRとかで野外活動がメインだったり1日中立ち仕事だったりする方もいるはず。そういう方たちは本当に大変だと思う。


その仕事が妊娠によりできなくなった⇒任務を果たしてない⇒退任、だなんてことが起こってないといいのですが。

でもね、周りってよくも悪くも思ったより自分の事見てないんだなと感じました。
だから活動中、妊娠により思うように仕事が進まなくなっても自己嫌悪に陥らず、できることをコツコツ続けていけばいいと思います。

home

まとめ

今日は私の協力隊活動期間中のつわりについてお話してみました。


ツワリは個人差が大きく、その辛さはなってみた本人でないとわからないとのことから、中には悲しいことに職場の人や周りの人々に理解されにくいケースもあるようです。

自治体の皆様には協力隊が妊婦になった場合は優しく声をかけていただきたいし、妊婦さん本人はどうぞ身体を一番に活動を続けていただきたい。
どんな仕事でもそうだと思いますが、仕事をしてるとこの先の事、辞めるか続けるかとかいつまで働くか、仕事の引継ぎはどうするかとかとかとか、すごく考えちゃうと思う。これをずっと一人で考えてたら妊婦さんパンクしちゃいますって、ほんと。


旦那さんをはじめとした周りのサポートが協力隊の妊娠には必要不可欠だと思いました。
(なんせ協力隊って移住者だから地域の中に身内も知り合いもいないケースがほとんどだし...)

今日の結論。

仕事を休んでもいいという選択肢を私たちは持っている。


home

きょなん町地域おこし協力隊ハナザワ

きょなん町地域おこし協力隊ハナザワ

千葉県南房総地域

2017年10月、東京都より家族3人(夫、私、息子2才)で鋸南町に移住。 旦那はカナダ人の国際結婚。 職業はヨガインストラクター。 カレーが大好き過ぎて「地球の歩き方」片手にインドへ。そのままの流れで現地の旅行代理店に就職。20代の半ば4年間をインドで過ごす。 帰国後、日本で今の旦那と出会いカナダへ移住。寒くて1年でギブアップ。6㎏の脂肪を蓄え帰国。 帰国後は東京に4年、出産を機に忙しすぎる生活に疑問を感じ、移住を決意。 鋸南町の地域おこし協力隊の募集を見つけ応募したところ見事当選。現在に至る。 家族の会話は日本語と英語によるまぜこぜコミュニケーション。 いなか暮らし経験ゼロ、日本語喋れない主人とイヤイヤ期真っ只中の息子と鋸南町で過ごす日常を紹介していきます。

この投稿者の移住ブログ

千葉県南房総地域(館山市、鴨川市、南房総市、鋸南町)の移住ブログ