勘違い。田舎に住んでわかった、思い込みと実際のところ(生活編)


あーどーもどーもーハナザワでーす。
夢にカブトムシがいっぱい出てきました。
体中にカブトムシがまとわりついてるという恐ろしい夢でした。

思い込みシリーズ第二弾。

(第一弾【子育て編】コチラ。)

今日は私が勝手に「田舎ってこうだ!」って思いこんでたことの生活編。
子育て編よりウンウンって頷いていただけることが多いんじゃないかと思われますがいかがでしょう。

勘違い①田舎は物価が安いって嘘?

田舎ってなんでもかんでも安いイメージがありました。
確かに安いものもあります。
お野菜とかは農家さんが多いので確かに旬のものは安いです。

20180711_133657_resized.jpg

しかーし。

トイレットペーパーや洗剤をはじめとする生活用品や野菜以外の食品に関していえば、プロパープライス。
もしくは都会の方が競合店争いが発生する分、ふるいにかけられて価格がそぎ落とされてるような気がします。

余談ですが最近、宅配コープとやらを始めてみました。

コープデリ-ロゴ.gif

昔、母もやっており、何となくコープ=安心食材というイメージが強いです。
値段も良心的です。ものによっては食パンとか牛乳とかアイスとか冷凍食品とか最寄りスーパーより安いです。
子育て世代は配達送料が1年間無料と言われたので助かります。
(この条件はエリアによって異なるらしいですが、普通に配達した場合は送料180円/1回とのこと。)


私はコープの回し者ではないですが、
玄関まで重い荷物届けてくれるし、
おうちで注文できるからスーパー行く手間省けるし、
ってことで、田舎暮らしでスーパーが遠い方、もしくは仕事で帰りが遅い方は利用する価値ありだと思います。
田舎のスーパーって18時で閉店とかあるからね!


home

勘違い②田舎は住む家には困らないってホント?

「田舎って空き家がたくさんあるんでしょ~?」
「古民家がすっごく安く手に入るんだよね!?」
「家をくれる人とかもいるって聞いたけど」

実際に私が聞いた声です。
確かに全部ホント。
空き家がたくさんあるし、庭付き古民家がありえない価格で売りに出てるし、中には家タダって話も確かにありますよね。

unnamed保田家.jpg

確かに空き家は多いんだけど、鋸南町で言えば今現在800戸近くの空き家があります。
しかし空き家にも種類が2つあって

人間が住める空き家
・風が吹いたら今にも崩壊しそうな危険家屋

これ両方とも"空き家"って呼ぶんです。知ってました?
じゃあ鋸南町の800戸の空き家のうち、人間が住める方の"空き家"って何件あると思います??

正解は

2件。


これはこの町に限った話ではなく、日本全国どこの田舎でも起こってること。

空き家は多いが住める空き家は少ない。

じゃあ、ちょっとぼろくても修理すればいいじゃん!ってことで古民家DIYって今流行ってますよね!
破格で手に入れた土地と家。
自分で修理すれば安いはず!

その通り!!

...ちゃんんとできればね。

おうち建てられます?

床はがして漆喰塗って、テレビ番組のようにスイスイ行くとは思えない。
実際に自分で建ててるお方には何人かお会いしてお話を聞かせていただきましたが、おうちなんて1日2日で建つもんじゃないし、一人で建てるとなれば1年で完成したらいい方じゃないでしょうか?

unnamed畳.jpg


その間の住まいはどうする?
もしもその時あなたがまだ都心などに住んでた場合、そこに通うための交通費も毎回かかります。
そして水回りのリフォームってびっくりするお値段です。

なんか私、いじわる言ってるように聞こえるかもしれないけど、そうこういう私も自分で古民家DIYしておうちを建てたいと夢見ていた者の一人。だからこうして情報収集してみてたけど、私みたい素人ができることってせいぜい床のペンキ塗りくらいだろうと思いました。

私の情熱が足りなかっただけかもしれませんが、思ってた以上に古民家DIYって骨が折れる作業。私には無理だ―と思いました。

安く家を買ったけどリフォーム代がかかりすぎて結局家代よりリフォーム代のほうが高くついてしまった、こんなにリフォームにお金がかかるとは思わなかったって失敗談もよくあるそうです。

家をタダでくれるっていう話も上記同様のケースも多くあると思います。

home

勘違い③田舎って本当に車社会なの?

確かに車があると便利ですし、ここ鋸南町もほとんどの方が1人1台所有してます。

スクリーンショット (42).png


でも100人中100人が車を持ってるわけではなく、

・高齢のため免許返納してしまった人
・免許はあるが車は夫婦で1台しか所有してないため物理的に乗れない人
・以前の私のようにペーパードライバーの為乗れない人
・病気の為運転を医師に止められてる人

等様々です。


ーではその人達はどうやって生活しているかー?
以前の私のように、自転車・電車・町内バスを駆使してることは勿論、原動機付バイクに乗ってる方も見かけます。
それから何より大きいのが

家族の協力。

これは移住してきた私には得たくても得られなかったもの。
この家族の協力があるからこそ、車がなくても生きていけるのです。

例えば

・家から駅までは。⇒その後の移動は電車。とか。

・行きはバス。⇒帰りは。とか。
・普段は自転車。⇒雨が降った時は。とか。

うまーく家族の協力を得て皆さん生活してるようでした。

home

まとめ

いかがでしたか?
インターネット上で情報があふれんばかりに、いやあふれかえってる昨今。
いい情報、珍しい情報、おいしい情報ってのは誰の目にも止まりやすいですよね。

私もそんな情報に飛びついて、「田舎に行けば生活費が安くなるだろう」「家は選び放題なんだろう」なんて思ってましたが
実際には生活費はそーそー安くもないしふつーにかかるし、てか都会より高かったりするし(笑)
家なんて、戸建てに限って言えばまず中々物件がでないし出れば争奪合戦。早いもの勝ちです。
これは住んでみないとわかりませんよね~。

この不便さも含め楽しんでいくことが田舎の醍醐味なのではないでしょうか?


home

きょなん町地域おこし協力隊ハナザワ

きょなん町地域おこし協力隊ハナザワ

千葉県南房総地域

2017年10月、東京都より家族3人(夫、私、息子2才)で鋸南町に移住。 旦那はカナダ人の国際結婚。 職業はヨガインストラクター。 カレーが大好き過ぎて「地球の歩き方」片手にインドへ。そのままの流れで現地の旅行代理店に就職。20代の半ば4年間をインドで過ごす。 帰国後、日本で今の旦那と出会いカナダへ移住。寒くて1年でギブアップ。6㎏の脂肪を蓄え帰国。 帰国後は東京に4年、出産を機に忙しすぎる生活に疑問を感じ、移住を決意。 鋸南町の地域おこし協力隊の募集を見つけ応募したところ見事当選。現在に至る。 家族の会話は日本語と英語によるまぜこぜコミュニケーション。 いなか暮らし経験ゼロ、日本語喋れない主人とイヤイヤ期真っ只中の息子と鋸南町で過ごす日常を紹介していきます。

この投稿者の移住ブログ

千葉県南房総地域(館山市、鴨川市、南房総市、鋸南町)の移住ブログ