話題のポットラック!(持ち寄りご飯会) 鋸南女子も夢中

こんにちはーハナザワでーす。
ブルーライトをカットするというPC用眼鏡をかけ始めましたが効果は謎です。

今日は巷で話題のポットラックについて、私たち鋸南女子の活動をご紹介。

ポットラックって何?

持ち寄りご飯、一品持ち寄りパーティーなんて言葉、聞いたことありません?
主催者側が料理の準備や片付けなどの負担なく開催できるこのようなスタイルの食事会を英語でポットラックといいます。

152843008063452.jpg

私の主人の出身地のカナダや欧米では、このようなポットラックやホームパーティーが日本よりももっと盛んに行われています。
食べ物だけでなく、お花を持ち寄る人や歌やギター演奏でその場を盛り上げる人等もいます。
主催者も参加者も気負わず誰でも簡単に気軽に開催することができます。

home

田舎暮らし女子に私がポットラックをおすすめする理由

田舎ってまず外食できるお店が少ない。

せっかく見つけても分煙されてなかったり、子連れには厳しいような狭い店の作りだったり。
閉店時間が早かったりして、平日の仕事帰りに「ちょっとご飯いこっ」ていう気軽さがないんですよね。

ポットラックはそんな女子のお悩みをすべて解消できます。

  • 喫煙者は家の外で吸ってねっていうルールが設けられる
  • おうちで開催なら子連れママも安心
  • 閉店時間はナシ
  • 人数は2人集まればOK。気軽に始められる


そもそも私たちがポットラックを始めた理由の一つに、一人ご飯がさみしいという理由があります。
私の場合、旦那はいますが二地域居住のため、こちらに来るのは月末のみ。
よって普段は息子とふたりぼっちご飯です。

移住してきてまだ友達も少ないうえに、夜、気軽に外食できる場所もない。
そんな理由から自然とこのポットラックはスタートしました。

1528rrrr438069492.jpg

↑これはたこ焼きした時の様子。
写真撮ってないことに気づいた時にはもう半分以上食べ終わってました(笑)

home

私たちのポットラックメニュー公開

これはお友達の誕生会の時のメニュー。
持ち寄りというより料理が得意な友人がほとんど作ってくれた(笑)

152843008060658.jpg

↓この日は私と友人1人のみ。
野菜メニューが多い日でした。

夕飯1.jpg


↓スーパーのお惣菜を並べて簡単に済ませることも。

20180524_175607_resized_1.jpg

↓トマトの一口サラダは料理が苦手な私でも簡単にできて見栄えもよろしいのでお気に入りのレシピ。

20180524_175559_resized_1.jpg

私たちがポットラックを始めて、自然とできたルール。
その時担当になった家主がご飯とお味噌汁は用意するという事。
これが案外面白くて、その家のご飯の硬さだったり、お味噌汁の特徴だったり育ってきた環境がもろにでるんだよね。


home

まとめ

いかがでしたか、ポットラック。
とっても簡単で、今夜にでもすぐ始めたくなったでしょ。

「このレシピどうやって作ったの~?」
「このお惣菜、○○のだよ~」
「この食器かわいい!」

こんな話題で盛り上がれるのは女子ならではなのかと。

食器が足りないときはタッパーのままでも気にしない!笑
たたんだ洗濯物が置いてあっても許されるのは気を許した仲間だからこそ!(笑)

IMG_20180521_185234.jpg

仲間との距離が縮まるポットラック。

飲み会、家飲みとはまた一味違った楽しさ。
是非皆さんの地域でもやってみてはいかがでしょう??


home

きょなん町地域おこし協力隊ハナザワ

きょなん町地域おこし協力隊ハナザワ

千葉県南房総地域

2017年10月、東京都より家族3人(夫、私、息子2才)で鋸南町に移住。 旦那はカナダ人の国際結婚。 職業はヨガインストラクター。 カレーが大好き過ぎて「地球の歩き方」片手にインドへ。そのままの流れで現地の旅行代理店に就職。20代の半ば4年間をインドで過ごす。 帰国後、日本で今の旦那と出会いカナダへ移住。寒くて1年でギブアップ。6㎏の脂肪を蓄え帰国。 帰国後は東京に4年、出産を機に忙しすぎる生活に疑問を感じ、移住を決意。 鋸南町の地域おこし協力隊の募集を見つけ応募したところ見事当選。現在に至る。 家族の会話は日本語と英語によるまぜこぜコミュニケーション。 いなか暮らし経験ゼロ、日本語喋れない主人とイヤイヤ期真っ只中の息子と鋸南町で過ごす日常を紹介していきます。

この投稿者の移住ブログ

千葉県南房総地域(館山市、鴨川市、南房総市、鋸南町)の移住ブログ