きょなん町名物☆あんこどっしり重田のどら焼きを徹底分析してみる

こんにちはー。
ハナザワでーす。

糖尿病予備軍。
HbA1c数値は5.8でございます。


それでも甘いものはやめられないですよねー。和菓子大好き。
さあ今日はここ、鋸南町の名物和菓子、重田のどら焼きをとことん分析してみましょう!

老舗!重田菓子店の噂のどら焼きとは

鋸南町は比較的、町の規模からみるとお菓子屋さんが多い気がします。

ここ、重田菓子店は口コミで有名な何十年と続く老舗和菓子屋。
ご家族で経営されているようです。

20180404_134338_resized.jpg
↑歴史を感じる建物。

20180404_134327_resized.jpg

↑この色褪せっぷりが長年愛されてきた店だってことを物語ってます。

取材に行ったこの日も店内はお客さんであふれていました。

どら焼きは年間を通して販売。

20180404_133927_resized.jpg

既にかなりの数が今日も売れてるもよう。

それから季節の甘味がかわるがわる並べられるので、いつ来ても何回来ても飽きない仕組み。

↓春を感じる甘味~♫

20180404_133932_resized.jpg

こじんまりとした店内は半分が工房、半分がショーウィンドウ、その奥はご自宅?
たった一つですがイートインスペースもので店内で食べることも可能。(飲み物も売ってます。)
ただしお店の方曰く

『おもてなしは雑ですよ!(笑)』

との事。気さくで気取ってない感じが好印象。

このご時世、ネットではなく口コミで有名ってすごいですよね。
何とこの店、この辺りではこんなに有名なのに

ウェブサイトがないんです!

あー残念。


しかし

『きょなんといえば重田のどら焼き!』

と言う人も数知れず。そんな町民のお墨付きの和菓子屋なんです。
町民では知らない人はいないというくらい、どら焼きと言えば、重田。
重田といえばどら焼き。(大袈裟?)

某大手口コミサイトからの感想を見てみましょう!

スクリーンショット (163).png

まってまって!
この小さな田舎町で口コミ11件つくってすごい事だから!

↓ランダムに一つピックアップして感想をご紹介しましょう。

口コミ1.jpg

かなりの高感触ではないでしょうか?!

home

名物どら焼きを検証してみる

実際に実物を入手しました。

まず見た目。
見てください。このグラマラスボディを!!

20180403_154719_resized.jpg

それは例えるならどら焼き界のフォアグラ!

それでは重田さん、体重測定のお時間です。

20180403_154845_resized.jpg

身長(直径)約10㎝。

20180403_154818_resized.jpg


厚みはなんと4㎝。

一般的などら焼きの二倍近くあるんではないでしょうか?

さてさて。
気になる体重測定。

体重.jpg

160グラム。

肥満ですね!

↓男性(町長がいたんで捕まえてみた。)の手のひらに乗せてみてもこの重圧感。

20180403_154934_resized.jpg

ゆで卵(Lサイズ)があったので比べてみた。

20180403_154952_resized.jpg

胃腸の働きが弱り始めたアラサー女子には一回で食べきるのは困難と思われる。

因みに。
他のどら焼きってどんなもんなんだろうと思い調べてみました。

↓勝手に引用。

スクリーンショット (162).png


↓こんな比較データも発見。

どら.jpg

一般的にスーパー等で見かける普通サイズで重さ62g
ずっしり重めと言われるもので重さ112g

つまり重田のどら焼きって

普通サイズのはるか二倍よりさらに上!


ということはつまりカロリーも二倍以上って事なので気をつけねば\(^o^)/

home

さらに深掘りしてみる

さあさあ、今日のテーマは徹底分析。
ここからは重田さんの開腹手術へと移らせて頂きます。

その前に最後の姿を。

20180404_113542_resized.jpg

このすました感じが愛くるしい。

こんがり焼けた肌の色。
私も似た色してるんで親近感がわきます。


真横から見てみましょう。

20180404_113533_resized.jpg


クッキングパパの横顔に似てますね!

PPPPPAPAPA.jpg

若い方は知らんだろうなあ、クッキングパパ。

さ、話を戻しましょう。

まずは早速切断。
断面図を見てみましょう。

20180404_113721_resized.jpg

あんこぎっしり。


あれに似てる、人間ドックとかでやる、これ↓

downloadtccc.jpg

CTCスキャン!!

人間でいう脂肪の部分、、生地も肉厚。
↓ズームアップしてみてみましょう。

20180404_113755_resized.jpg

迫力ありますね!

見てください、この生地のふくらみを!!
断面の気泡といいますか、このプツプツした部分が美味しさを物語っております。
そして下側の生地は餡子の重みでつぶれてるのわかりますか?
もーすごいでしょ、どんだけ詰め込んでるのよ。

大盤振る舞いですよ!!

さあ、それでは噂のあんこさん。
重さはどうでしょう?

あんこを生地から剥がします。
なんせ徹底分析ですから。(←二回目)
20180404_113623_resized.jpg

↑ああ、あんこの砂漠です。。。

20180404_113605_resized.jpg

おお!

思ってたより簡単にきれいに剥がれた!
スプーンを使ってペロッと剥がします。

はい、もう一度体重測定。

↓あんこだけの姿ってシュール。

20180404_114017_resized.jpg

役場で1人でどら焼き解体してるってなんだか切なかった。

さて、全体量が160グラムでしたね。
餡子の量が86グラム

つまりどら焼きの重量のおよそ半分以上があんこ

人間に例えるなら体脂肪率50%超ってとこでしょうか!

ビヨンド・the・フィフティー!!!
(~50%を超えて~)


しびれますね!!!!

餡子好きにはたまらない!


home

気になるお味は

さあ、お待ちかね。

お味検証。


ここからはかなり主観が入ってくると思いますがご了承下さいませ。


さあ、色々分解されてしまった重田さん。
お見苦しい映像で申し訳ございません。

20180404_114202_resized.jpg



ではでは、まずは生地の方から頂いてみましょう。

どこか懐かしい、優しくて甘い香り。
お砂糖を焦がしたような香ばしさもあります。

この生地のファンって方も多いようです。

実はお店に取材に伺った際、丁度生地の焼き上がりタイミングでした!
残念ながら工房の撮影は出来なかったのですが、お店の外までふんわり甘い香りに包まれておりました。



それでは餡子も。

20180404_114259_resized.jpg

しっとりとしたこしあんに少しだけ粒も残ってるタイプ。
ややこしあんとでも表現しましょうか?

今回は分析の為、どら焼きの姿を解体してしまいましたが普通に食べた場合、
2枚の生地にたっぷり挟まれた餡子が黄金比率を生み出しているとみた。

通常のどら焼きですと

生地2:あんこ1/一口当たり

ですが、重田の場合、

生地2:あんこ2/一口あたり

となるわけです。


因みにあんこの甘味がしつこいのでは?と思われる方もいらっしゃると思いますが、
程よく残ったあんこの粒がいいアクセントになり、甘みも奥深く全く持って嫌味がありません。

生地のしっとりさと餡子の上品な甘さの絶妙なハーモニー。

口の中でどら焼きが踊ります。


気を付けないとこのサイズ、ぺろりと食べられちゃいそうで危険です!(笑)

home

アクセス方法

さあさ。どうでしょう。どら焼き食べたくなってきました??
それではお店に行ってみましょう。

最寄り駅はJR内房線。安房勝山(あわかつやま)駅。

改札を出たらまっすぐすすみ、県道に出ましょう。
左折後道なりです。(所要時間徒歩10分程度)

マップ1.jpg


川を越え、安房勝山クリニックを越えたら右手側に館山信用金庫が見えます。

その向かいの細道を入ってすぐです。

マップ2 (1).jpg


少し見つけにくいかもしれないのでどら焼きアンテナをしっかり張って行きましょうね。


営業時間
8:30~18:00くらい。

月曜日はお休みなのでご注意。

所在地〒299-2117 千葉県安房郡鋸南町勝山354

沖縄時間ってあるようにこの町にもきょなん時間って流れてますんで多少前後することもあるんだそう。
どら焼きは基本年間商品ですが、お盆やお彼岸などは他の商品になってることもありますので事前に電話でご確認いただけると確実かと思います。


home

どら焼き分析結果まとめ

いかがでしたか。
どらえもんも大好き、どら焼き徹底分析。

重田のどら焼きは無添加で保存料も使ってません。
そのため賞味期限は製造日から5日以内というのが玉にきずですが(夏場は4日以内)、是非出来立てを味わっていただきたい、そんな職人のこだわりなのかもしれませんね。

きょなん町の人がお江戸(東京)や実家に帰省するときの手土産はここのどら焼きを持って行く人も多いそうですよ。
私も次回の帰省はこのどら焼きにしようと思います。

どうぞ期待を裏切らないこの伝統の味を求めて是非、鋸南におこしくださいませ。

home

きょなん町地域おこし協力隊ハナザワ

きょなん町地域おこし協力隊ハナザワ

千葉県南房総地域

2017年10月、東京都より家族3人(夫、私、息子2才)で鋸南町に移住。 旦那はカナダ人の国際結婚。 職業はヨガインストラクター。 カレーが大好き過ぎて「地球の歩き方」片手にインドへ。そのままの流れで現地の旅行代理店に就職。20代の半ば4年間をインドで過ごす。 帰国後、日本で今の旦那と出会いカナダへ移住。寒くて1年でギブアップ。6㎏の脂肪を蓄え帰国。 帰国後は東京に4年、出産を機に忙しすぎる生活に疑問を感じ、移住を決意。 鋸南町の地域おこし協力隊の募集を見つけ応募したところ見事当選。現在に至る。 家族の会話は日本語と英語によるまぜこぜコミュニケーション。 いなか暮らし経験ゼロ、日本語喋れない主人とイヤイヤ期真っ只中の息子と鋸南町で過ごす日常を紹介していきます。

コメント

この投稿者の移住ブログ

千葉県南房総地域(館山市、鴨川市、南房総市、鋸南町)の移住ブログ