農業体験は歳の離れた友達作りの場

こんにちはーハナザワ、今日も朝からご飯2杯です!

「鋸南町野菜を作ろうの会」に今月も参加して参りました。
(野菜を作ろうの会の詳細記事は⇒コチラ)

先月は息子が丁度インフルエンザにかかってたのでお休みしちゃいました。
(その時の記事は⇒コチラ)

さてさて。

今日も鋸南町は本当にいいお天気。
毎回この空の広さに私は驚いてしまうんだよね。

20180206_101616_resized.jpg

今日の雲はセブンイレブンの白いちぎりパンに見える。

これ↑と、これ↓。1398284.jpg

20180206_104029_resized.jpg

さて。

本日の野菜の会は白菜の収穫。
↓ごめん、これはそら豆の苗の写真だ!!

20180206_095945_resized.jpg


月に何度くるかもわからないハナザワは、白菜をいつ植えたのかまるで記憶喪失。
そして目の前に完成形の白菜があることはまるでマジック。

さあ、早速畑仕事!始めるよ!

と、思ったら。

軍手、机の上に忘れた!!!(2回目)

心優しきNちゃんが貸してくれました...
ところで軍手って洗って返すもの?買って返すもの?素朴な悩み。

さあ、気を取り直して。
畑へGO!
見てみてー!

CIMG0976.JPG

白菜って上から見ると大きなブーケみたいでほんとにきれい。

スーパーで売ってる白菜ってこんな感じだけど、これもう少し育てると真ん中からお花が咲くんだって。
そのお花が美味しいっていう人もいるみたいだよ。

さあ、収穫開始!
畑仕事で一番楽しいのはこの"収穫"だよね!

20180206_092736_resized.jpg

皆さま、どんどん引っこ抜いていきます。
そのペースのはやい事はやい事...!!


収穫祭、およそ10分で終了!


収穫したものはみんなで平等に分ける。
並べてみる。

20180206_104010_resized.jpg

こうやって、土のついた根っこは包丁で切り落とすと台所が汚れない。
なるほど!

CIMG0983.JPG

秒速で終了した収穫祭。

はい、それではそら豆の草むしりをしましょう。

作物にしっかり栄養がいきわたるように、草むしりはとても重要。
今の季節はまだマシで、夏は大変。
刈っても刈ってもキリがないんだとか。

CIMG0990.JPG

雑草とそら豆の苗の違いがよく分からず焦るハナザワの図。↑

さあ!ここで農業マダムたちのファッションチェック!

【つば付きハット】
正式名称は知りません。
マダムたちは日差しを非常に意識してます。
もはや見た目なんて気にしてる暇はありません。農業は日差しとの戦いです。

CIMG0994.JPG



【割烹着】
一瞬で手首から上半身全てをすっぽり包み込む、まさに画期的アイテム。

FotoJet28282828.jpg

【アームカバーとほっかむり】
洋服の袖が土で汚れてるなんて女子度が下がります。
こうしてしっかり汚れをブロック。

ほっかむりをそもそも知らない人!
頬被り(ほほかぶり)が変化してほっかむりになったようです。
これも日差し・日焼け対策。

素材は手ぬぐい。おそらくこちらはマダムのハンドメイドと思われる。女子度UP。

CIMG0996.JPG

草むしりを100倍速くするアイテムをゲットしました。

CIMG1012.JPG

プロはスピードが違う。

CIMG1002.JPG

1人おいてかれるハナザワ。

CIMG1009.JPG

収穫祭・草むしりと無事に終えリラックス。

FotoJet22228888.jpg


実はこの"野菜を作ろうの会"、今年度いっぱいで活動が終了してしまうのです。(ガーン)
ハナザワ、途中参加の為、短い間でしたが会の皆さまはとてもフレンドリーで毎回楽しく参加させてもらう事が出来ました。

ってまだ終わってない!

あと3回ございますのでレポートをお楽しみに。

きょなん町地域おこし協力隊ハナザワ

きょなん町地域おこし協力隊ハナザワ

千葉県南房総地域

2017年10月、東京都より家族3人(夫、私、息子2才)で鋸南町に移住。 旦那はカナダ人の国際結婚。 職業はヨガインストラクター。 カレーが大好き過ぎて「地球の歩き方」片手にインドへ。そのままの流れで現地の旅行代理店に就職。20代の半ば4年間をインドで過ごす。 帰国後、日本で今の旦那と出会いカナダへ移住。寒くて1年でギブアップ。6㎏の脂肪を蓄え帰国。 帰国後は東京に4年、出産を機に忙しすぎる生活に疑問を感じ、移住を決意。 鋸南町の地域おこし協力隊の募集を見つけ応募したところ見事当選。現在に至る。 家族の会話は日本語と英語によるまぜこぜコミュニケーション。 いなか暮らし経験ゼロ、日本語喋れない主人とイヤイヤ期真っ只中の息子と鋸南町で過ごす日常を紹介していきます。

この投稿者の移住ブログ

千葉県南房総地域(館山市、鴨川市、南房総市、鋸南町)の移住ブログ