台所コスメを自給自足

こんにちはー。
ハナザワです。

先日、畑仲間のマダムに、庭のアロエを大量に頂きました。

20180212_153415_resized.jpg



アロエって半永久的に繁殖し続けるものらしい。

ミントとアロエは化け物だね。

20180212_153411_resized.jpg


このまさかの量に私もどうしていいかわからず放置気味...
最近少し枯れてきたんでカサが減ったかな。
(赤茶色になってる部分は死んだ)

まあ、このまま放置しておくのも何なので、活用してみましょう。

困ったときには勿論グーグル先生。

脳みそ使ってないなー最近。

ほうほう。
食べる飲む塗る、色々な活用方法があるようです。
とりあえず、食べてみっか。


生きてる部分の1部、摘み取ってみました。

20180212_153721_resized.jpg

お腹壊さないように、台所で洗います。

20180212_153801_resized.jpg

まな板の上に寝かせてみます。

手術を始めます。
まずは開腹。

20180212_153950_resized.jpg

うおー。中身はきれいな透明。

見た目ツンツンしてても心はキレイって事なのね!

緑の部分は苦いそうなので、透明な部分だけ集めていきましょう。
息子のスプーンを活用します。

20180212_154134_resized.jpg

この作業、何かに似てる...

!!!

分かった!カニの足食べるときの作業に似てる!

tarabasp_002.jpg

あーあの専用フォークでアロエをやっつけたい。
これこれ。

img58131837.jpg


そんなこんなで
アロエヨーグルトに入ってるやつが出てきた。

20180212_154458_resized.jpg

単品で見ると気持ち悪いね。

downlaaaoad.jpg

食べたくなってきた。

なので食べてみる。


アロエヨーグルトの"ヨーグルト無しバージョン!"

果たしてお味は...!?

例えるならイカ刺しの水分多めバージョン。
または、こんにゃく刺身の味なしバージョン。
もしくはところてんのビチャビチャバージョン。

無味。

って最初からそう言えばいいじゃん。

アロエは食物繊維がたっぷりで、お通じにいいそうです。
食べ過ぎるとお腹を下すそうです。

何事もほどほどにね。

***

せっかくなのでもう少し何か活用してみましょう。

化粧水が作れるそうです。

作り方はとっても簡単。
集めたアロエの中身の汁っぽい部分精製水日本酒を混ぜるだけ。

分量はお好みで。(つまり適当)

20180212_160238_resized.jpg

黄色と緑の間位の色。

可愛い瓶に入れて完成。(←重要)

20180212_160346_resized.jpg

冷暗所で保管。1週間くらい持つそうです。
因みに残ったアロエの皮?はお風呂に入れて入浴剤のように使えるという情報もありました。

(やらなかったけど。)

早速この日の夜、化粧水をお風呂の後につけてみた。

付け心地はというと...


つけた瞬間はもっちりプルプルなのに
その後はさっぱり!

ハナザワ、肌、雑草並みに強いです。
デリケートな方はもしかしたらお肌に合わない事もあるかもしれないので必ずパッチテストを行ってみてから試してくださいね。

私、よく息子と頬あわせてスリスリするんで、なるべくお肌につけるものは自然のものがいいなと常々思っております。
(そんなわけでファンデーションもぬりません。)
口にしても安全なものでコスメを作るって、いいよね。
それに自分の手で自分が使うものを作れるってすっごく楽しいよ。

それにしてもゴミの量がすごいです。

20180212_160017_resized.jpg

鋸南町、町の至る所にアロエが大量発生してるんだけど、
アロエビジネス、誰か始めないかねー?(笑)

きょなん町地域おこし協力隊ハナザワ

きょなん町地域おこし協力隊ハナザワ

千葉県南房総地域

2017年10月、東京都より家族3人(夫、私、息子2才)で鋸南町に移住。 旦那はカナダ人の国際結婚。 職業はヨガインストラクター。 カレーが大好き過ぎて「地球の歩き方」片手にインドへ。そのままの流れで現地の旅行代理店に就職。20代の半ば4年間をインドで過ごす。 帰国後、日本で今の旦那と出会いカナダへ移住。寒くて1年でギブアップ。6㎏の脂肪を蓄え帰国。 帰国後は東京に4年、出産を機に忙しすぎる生活に疑問を感じ、移住を決意。 鋸南町の地域おこし協力隊の募集を見つけ応募したところ見事当選。現在に至る。 家族の会話は日本語と英語によるまぜこぜコミュニケーション。 いなか暮らし経験ゼロ、日本語喋れない主人とイヤイヤ期真っ只中の息子と鋸南町で過ごす日常を紹介していきます。

コメント

この投稿者の移住ブログ

千葉県南房総地域(館山市、鴨川市、南房総市、鋸南町)の移住ブログ