かだる。

岩崎地域の月曜日の夜。19:30。
湯沢市ふるさとふれあいセンター「かしま館」に女性たちがぞろぞろと・・・
そのわけは、「岩崎音頭」の練習会。

毎年8月16日に盆踊りでは「岩崎盆踊り」をみんなで踊ります。幕末から明治初期に他からきた樵夫が伝えたといわれている踊りです。今年からは「岩崎音頭」が仲間入り!さらに盛り上がりをみせることでしょう♬
「岩崎音頭」とは、昭和40年代に女性たちがうたっていた唄です。数年前から「振り付けをつけて踊りたい」話がありましたが、なかなか進まずにいました。そして昨年から本格的に開始して振り付けをつけ完成したのです‼地域の方の努力の結晶です‼

練習会場の「かしま館」には30名ちかくの女性たちが集まりました(男性も少しいましたよ)。みんな「自分の地域に新しい踊りができた」と嬉しそうです。地域に新たな風が吹くことって大切だなと改めて実感‼

今回は先生が来てくれました。

手を小さくして、動きを大きく...
進ときは小幅...

先生のアドバイスをもとに、繰り返し踊ります。
先生が帰られた後も練習。。。女性はみんな踊りが大好きです。「私こうなっちゃうけど、こうであってる?」互いに教えあったりすることも楽しいです^^8月に向けてみんなで頑張るぞーーー‼

みんなでいい汗かきました。

題名の「かだる」とは...「参加する」ということです
わたしも練習にかだってきましたよーー。

へば。

岩崎音頭③.jpg

岩崎音頭.jpg

岩崎音頭②.jpg

増永洋子

増永洋子

秋田県湯沢市

コメント

この投稿者の移住ブログ

秋田県湯沢市(ゆざわし)の移住ブログ