日本に来る前に Episode 4.

日本に来る前に Episode 4.
(後面有中文)
  
夜中にメッセージが来た。
「新たなアイデアがあって」と、
そしてこの外国からかかってきた電話に出ました(笑
企画内容は海外から三名の学生を応募して羽後町留学を参加させる。
留学期間は二週間で、
その間ずっとプロカメラマンが一緒に行動するので、
記録した映像はとてもいい宣伝になりそう。
いわゆる撮影モデル。
とても日本に留学に行きたい人として、
しかも日本伝統や生活を体験できる企画で、
自分は参加できないけど万歳しか言えないなww
そこで須﨑さんから「はるちゃんは応募してみないか?」と聞かれた。
思わず、
「あれ?対象は学生ですよね?」
「そして仕事が変わったばかりで、いきなり二週間の休みは取れないと思うけどな」
と返事したw
でも須﨑さんが曰く、
はるちゃんみたいに頑張って日本に留学したい人に機会を与えたいだそうです。
その原因は多分前回僅かな会話に、
今は仕事して、貯金して、二年後日本に留学する予定があると言ったかも。
自分で言うのもなんだが、
多分そう言ったようなww(おい
そいえば当時少なくても三回拒絶した(笑
採用せれるかどうかはともかく、
二週間の休みを取るのは到底無理だなと思った。
そしたら須﨑さんも「じゃ、十日では?」と提案したので、
十日の休みを取って応募を参加する形になったww
それでどうしてあの朝にいろんな質問をされるの原因は分かった(笑
  
実は行く時期は二月中旬と決まったので、
悩む時間があまりなくって、
つまりこの外国人を信じてるかどうか、一カ月間以内に決めないとw
もし立場が逆になったら、
知り合ったばかりの外国人を説得して台湾の田舎に連れて行く自信ないわww
すっごく怪しいので(おい
なので親友と相談して、
家族を説得して(?、
途中で中止のお知らせが来るかもしれないという気持ちを抱いてながら、
冒険してみようと決まった(笑
これは初めて秋田県羽後町へたつきっかけ。
  
  
次回からいよいよ新しいシリーズが始まるw
毎回読んでもらってやシェアしてもらって方々に
とてもありがとうございます!
では、また次回に会いましょう!

半夜突來的簡訊問說有個新想法要跟我分享,
所以就在冷冷的陽台接起了這通異國來的電話XD
企劃內容是他想徵選外國的學生三名來參加羽後町留學,
為期兩個禮拜,
參與的過程中會有專業的攝影夥伴跟著,
拍攝下來的內容之後便成為很棒的宣傳影片,
換句話說就像拍攝模特。
身為一個很想去日本留學的人,
又是可以體驗到鄉村生活的企劃,
雖然造福別人但我很認真得舉雙手贊成(欸,
接著須﨑先生就說問我要參加嗎?
我不禁回說:「嗯?不是要徵學生嗎?而且剛換新工作要請兩個禮拜Boss大概會殺人(欸」
但須﨑先生表示像我這樣靠自己努力想去日本留學的人他想給予我徵選的機會,
因此要我考慮看看。
須﨑先生會這麼說大概是因為上次短短的交談中,
我表示自己正在存錢打算兩年後要去日本留學,
自己說來有點害羞,
但應該當時是這麼說的吧(欸
話說我當時大概很不給面子的推拖了三次www
因為我覺得請兩個禮拜的假大概是沒辦法的,
先不說有沒有徵選上(笑,
結果對方也為我折衷說那10天呢?
所以最後就成了我試著去問看看能不能請到10天的假,
然後參加了徵選XDD
話題到這我總算知道那天喝咖啡為何被詢問身家了(笑。
  
這個絕佳的好機會並沒有給我太多考慮的時間,
當時已經確定好要去的時間是二月中旬,
也就是說一個月時間內我要評估到底要不要相信這個外國人XD(欸
事後想想立場顛倒的話,
我應該很難說服一個剛認識沒多久的外國人跟我到台灣的鄉下去,
實在太可疑了wwww(欸
所以我問了好朋友們,
說服了家人(嗯?,
抱著可能中途會被通知取消的心情,
決定要去冒險看看XD
這也成為我第一次踏上秋田縣羽後町這塊土地的契機。  
  
  
下回開始將進入新的系列w
很感謝每次閱讀和分享的大家
我們下回見ww

18839610_1575475289138048_3181552238366403986_o.jpg

p.s.照片是去年二月參加羽後町留學所拍攝的w
p.s.去年二月羽後町留学を参加した時に撮った写真ですw

ハル

ハル

秋田県羽後町

初めまして!はるです。   今、日本の秋田県羽後町に住んでいる台湾人です。 だいたいの日本人が自分の名前を知った時に、''なんではる?''と聞かれて、そして、''初めて日本語を勉強する時に、自分が日本語の名前を付けたので''と返事しますw春という季節が好きだから、あと、遥からのはるも。   ここは日本日常生活を記録してるページで、だいたい羽後町の人々や物事を書いてるかもw   未来的に仕事が順調になったら、いろんなところ旅をして記事を書く予定です。 できるだけ日本語と中国語で記事を書くが、まだ日本語上手じゃないので、間違いところがあるかもしれません、かんにんなー   このページを通して、もっと人々に日本の深い文化と地域の美しさを伝えたいと思ってます。   今後記事には自分は何者を書くので、最後ここまで読んで頂いたみんなに ありがとうございます!!

コメント

この投稿者の移住ブログ

秋田県羽後町(うごまち)の移住ブログ