5.26|みらいの編集室ゼミVol.2「暮らしを豊かにする食」

第二回目のみらいの編集室ゼミについて報告します。


今回は暮らしを豊かにする食をテーマに、ゲストトークを行いました。

時代の変化に伴い台所の在り方が変わってきた。

それによって食が変わりつつある。

また、地域の伝統食は地域に残すべきかなど幅広い展開が繰り広げられました。

日 時:2018.5.26(土) 14:00~15:30

場 所:道の駅うご 端縫いの郷

ゲスト:くらを 鈴木百合子(女将)さん 

    ももとせ 沓沢優子さん

参加者:一般

内 容:身近にある食、これは時代とともに変化を遂げてきたもののひとつである。食料の長期保存がきかない時代、先人たちは知恵を使い食料を大切に扱ってきた。なるべく食糧を捨てない、長く使える工夫をするなど、これまで受け継がれてきた伝統がそこに息づいている。

しかし、現代では食料保存が容易で食材の保存に手間をかけることが少なくなった。これは良いことなのか。台所の設備や形が変化していることで、食のレパートリーがかわってくる。個人的には実に興味深かった。

◇みらいの編集室は、うごまちみらいの学校において情報の発信機能を担う。様々な立場の方が広く参加してもらえるような場づくりが必要として、今回から編集とはなにかについて毎回ゲストを招いてゼミを開催する。今後様々な角度から編集についてトークイベントを開催していく予定。

☆次回は2018.6.9(土)14:00~ @道の駅うご端縫いの郷☆ 

みらいの編集室

みらいの編集室

秋田県羽後町

コメント

この投稿者の移住ブログ

秋田県羽後町(うごまち)の移住ブログ