初めまして!

こんにちは!

トラベルデザイン株式会社でインターンシップ生として活動中の、弘前大学三年の高橋と国際教養大学二年の佐藤と申します!

8/17()~9/17()のインターンシップ期間中、週に一度ブログを投稿させていただけることになりましたので、見ていただけたら嬉しいです!

ブログの内容は、私達が会社で体験させていただいている仕事のことが主になると思いますが、その体験から感じたこと、学んだことも書いていこうと思っています!

では、さっそく今週の活動内容をご紹介します!

まずは8/16()、会社の村岡さんに「羽後町留学」や「羽後町DMO」についてレクチャーしていただきました。内容を簡単に説明しますと、「羽後町留学」とは外国人留学生の方に語学研修や体験プログラムを通して、学びの場とその成果を発揮する場を提供する商品のことです。この商品を作る際のプロセスとして、「作る」「売る」「受け入れる」の三段階がありますが、「作る」の段階から地域が関わることで、「地域が作って地域が売り込む」ことが出来るため、地域が効率的に利益を得られることに繋がるそうです。

この方法なら、地域の声を聞きながら商品を開発できる上、地域が主体的にお客様目線になって商品について考えてくれることで、お客様により良い対応ができるのではないかと感じました!

また「羽後町DMO」とは地域全体が連携して地域自らが観光産業のプロセスに関わっていこうというものです。羽後町に人を呼び込むことを考える際、3つの問題があったそうです。それは「非観光地」「二次交通」「言語」の問題です。そこで、発想の転換により「教育プログラム」「二週間以上の滞在」「日本語で受け入れ」という姿勢に変えることで、問題となっていた壁を逆に利用することに成功したそうです。

8/17()は会社が運営しているConcierge,Akitaサイトの整理を手伝いました。夕方からは西馬音内盆踊りの見学に行きましたが、昔とはまた一味違った感覚で観賞できました。

8/18()はパンフレットの情報整理を手伝い、午後からは手伝いを頼まれていた鎌鼬美術館に行きましたが、特に仕事はありませんでした() なので、美術館の二階で土方巽の舞踏について映像で学んだり、旧長谷山邸でツアー客の方々と一緒に踊りを見学したりして普通に楽しませてもらいました!()

さて、今週から始まったインターンシップですが、すでに沢山の羽後町の方々との出会いがありました。直接地域の方々の声が聞けることに加え、私達も疑問に感じたことを地域の方に直接質問できるので色々と勉強になります。また、共感したり新たな刺激をもらったりも出来るので、とてもいい経験が出来ていると感じます。

来週も引き続きこの調子で頑張りますので、次回の投稿もお楽しみに!!

羽後町しごと改革インターンシップ生

羽後町しごと改革インターンシップ生

秋田県羽後町

羽後町しごと改革長期実践型インターンシップ参加者による活動記録です!

コメント

この投稿者の移住ブログ

秋田県羽後町(うごまち)の移住ブログ