「なべっこ!」

こんにちは。今日の羽後町は雲もなく気持ちのいい快晴でした。

そんな遠足日和の本日、ある小学校で「なべっこ」が行われると聞きお邪魔してきました。
「なべっこ」とは鍋や食材を持っていって野外で調理して食べることを言います。秋田では一般的な行事だそうです。
一口になべっこと言っても秋田県内でも地域によって中身が違うそうで、羽後町のある県南部は芋の子汁なんだとか

かくいう自分も「なべっこ」は未体験です。
そんな人生初「なべっこ」のため小学校をお邪魔したら、何やら里芋をアルミホイルで包んでいます。IMGP5578.jpg

IMGP5582.jpg
この謎の里いもはどうなるんでしょうか?

場所は変わりまして火起こしの場面です。下の部分を切り抜いた一斗缶に薪を入れて...IMGP5584.jpg

うちわで頑張って火を起こします。

IMGP5587.jpg

火が着いたところで他の子が鍋に水を入れて持ってきました。
なんと3階の家庭科室からもってきたそうで、「おもたーい」と言ってました。

IMGP5594.jpg

鍋の水が沸騰するまでが大変で、みんな火力を強くしようと団扇で頑張ります。

IMGP5595.jpg

その結果会場が煙だらけですごいことに!

IMGP5598.jpg

鍋の水が無事沸騰したら

IMGP5602.jpg

具材を順番に入れて味付けもします。
今回は鶏肉を使ったので醤油味とのことでした。豚肉だとみそ味にするんだとかIMGP5603.jpg


IMGP5605.jpg

IMGP5607.jpg

という感じで芋の子汁の完成です!

IMGP5609.jpg

芋の子汁が完成したら最初にアルミホイルに包んでいた里芋を一斗缶に投入しちゃいます
これは後のお楽しみです。
IMGP5620.jpg

そしてみんなで作ったなべっこをいただきます。

IMGP5626.jpg

念願のなべっこの芋の子汁をいただきました!
大感激です。美味しい!!!体が芯から暖まります。

IMG_20171024_120658.jpg

他の班のもいただきました。
IMG_20171024_121902.jpg

どの班も同じ材料を使って作ったのに微妙に味が違う...
これもなべっこならではも楽しさですねー


みんなひと通り食べたら先ほど投入したあの焼き里芋を食べました。IMGP5629.jpg
...!ほくほくして甘くてこれは美味しい!
サツマイモに負けないぐらいの甘さがあります!似ても焼いてもいけるとは里芋恐るべし...

以上人生初のなべっこでしたが、火起こしから調理まで全部子供たちでやるというのはなかなか小学校ではない気がします。
こういう体験が小学校からできるのが秋田の教育の特色なのかなーと思いました。

最後に飛び入りで参加したのに快く受けれてくださった小学校のみなさん本当にありがとうございました!
次はうわさの「なべっこ遠足」にチャレンジしたいと思います!

羽後町地域おこし協力隊

羽後町地域おこし協力隊

秋田県羽後町

コメント

この投稿者の移住ブログ

秋田県羽後町(うごまち)の移住ブログ