うご町の「かるた」

突然ですが「郷土かるた」ってご存知でしょうか?
「郷土かるた」とは郷土の代表的な自然、歴史、文化を詠んだカルタのことで、 
群馬の「上毛かるた」は全国的にも有名です。

もちろん羽後町にもうご町「郷土かるた」と呼ばれるものがあります。
DSC_1272.jpg

このカルタは平成元年に羽後町の自然・歴史などを主文とし、読み札と絵札を当時の子供たちから募集するという形で作られました。
主文は700点、絵札は509点の応募の中からそれぞれ48点が選ばれました。カルタにゆかりがある場所には案内が立っています。

今回はこのカルタの中身をほんの少しですが見ていきましょう!

カルタの最初「い」は西馬音内堀回地区の御嶽神社にある石馬っこと言われるものです。DSC_1268.jpg絵札を見ると子供が馬をくぐっています。

次に実物の石馬っこがこちらです
IMGP4071.jpg
子供がくぐっている絵からも想像がつくかもしれませんが、結構でかいです。そして立派です。
しかもこの石馬っこ ただの石造の馬ではありません!

なんと...


IMGP4068.jpg山門の両脇に2体います!まさに狛犬ならぬ狛馬です。

少し離れたところからだとこんな感じです(ご覧の通りイチョウの木もかなりの大きいです。)IMG_20170904_153832.jpg

簡単に説明をしますと、この石馬っこですが明治2年に西馬音内という地名にちなんで安置されました。
向かって右の青いほうが男馬、左の赤いほうが女馬で、子供をその腹の下にくぐらすと麻疹が軽く済み丈夫な子に育つと言われ、多くの参拝客が訪れたそうです。
だから絵札で子供が馬の腹をくぐっているんですね~


ちなみにこれがカルタの案内です。IMGP4066.jpg

この案内は羽後町の様々な場所に立っています。
こんなところにもIMGP4223.jpg

羽後町のまだまだ知らなかったモノ・コトを知ることができ勉強になります。

このカルタは羽後町の歴史民俗資料館で購入することができます。
興味がある方はぜひ購入されてみてはいかがでしょう?

羽後町地域おこし協力隊

羽後町地域おこし協力隊

秋田県羽後町

コメント

この投稿者の移住ブログ

秋田県羽後町(うごまち)の移住ブログ