☆2018年初投稿☆

皆さん、いつもご愛読いただきありがとうございます。

不定期に更新しておりますが、いろんな方に目を通していただけていることは本当にありがたいことだと感じています。

今年も素敵な出会いや発見、喜びの多い年でありますように新春のご挨拶を申し上げます。

さて、2018年も早いことに9日が過ぎてしまいました。

一年の計は元旦にありという言葉がありますが、そもそもあまり計画を立てない私には耳の痛い言葉です笑

今年は、協力隊3年目(=最終任期)でありますので、卒業後のことを考えることは必至なのです。

しかし、せっかく羽後町に来たからには何かしらの爪痕を残しておきたいと考えておるわけです。

羽後町の私が見てきた風景や人をもっと多くの人にみてもらいたい。そう思うことが最近多くなってきたのです。

やはり、写真を撮るからには誰かに見てもらわないことにはその価値はないわけであります。

たとえ下手でも下手なりに価値のつけようがあるというものです。

残された協力隊ライフをいかに充実させて卒業後も、羽後町ライフを充実させるためにより多くの人に僕の見た景色を共有してもらえる仕組みを何か作りたいと思っています。

今年も皆様からお力をいただき活動を続けていきますので、応援お願いします。

※トップの写真は今年6月に太平山から撮影した、奥羽山脈から登る朝日

渡辺 佐

渡辺 佐

秋田県羽後町

1992年、長野県の佐久市で生を受け中学・高校と音楽漬け(時には写真も)の生活を送る。 高校は音楽科へ進学し打楽器を専攻、荻原松美に師事。その後は、東海大学(神奈川県)へ進学し吹奏楽研究会に所属。4年連続全国大会出場、3年連続金賞受賞に携わる。 各地での招待演奏会や饗宴に出演。その傍ら、宣材写真の依頼や、ポートレート撮影の依頼を受けるなど現在では音楽や写真と多方面に活躍している。 現在は羽後町地域おこし協力隊 観光振興、をメイン業務にしながら羽後町DMO(観光資源発掘)推進にも力を入れて活動している。

コメント

この投稿者の移住ブログ

秋田県羽後町(うごまち)の移住ブログ