地方に移住したい!

どうも! 改めまして!
2018年より秋田県大仙市の地域おこし協力隊をやっております!!
埼玉県生まれのイトウです!!

初めての秋田の冬はだいぶ初心者向けで、
雪寄せや路面状況などに特に悩まされることなく無事に過ごすことができました!
とは言え、今これを書いてるのが3月なのでまだ越えてないですが、、、

自分が大仙市の協力隊となり、1年過ごしたまとめみたいな記事です!
大仙市を知りたい方や、これから地方に移住をしたいと考えている方や、協力隊になろうと考えている人の少しでも参考になればいいのかなと思います。
まぁ、自分の主観なので確実なものではないです!


というわけで、まずは大仙市を紹介していきたいと思います!

自分が今居る秋田県の大仙市というところは、
8つの地域が合併した市で、
大曲・太田・協和・中仙・仙北・南外・神岡・西仙北
という地域に分けられます。
大仙市.png
 
全ての頭文字を合わせた大仙市のキャッチコピーが
〝おおきなせなかに〟夢を乗せ』です。

まぁこの大仙市、とにかく大きいです!
上から下までだいたい50kmはあります。
普段は中心地である大曲にいるのですが、一番上部にある協和という地域に行くのがとても大変です。

この大仙市に自分が協力隊として入った理由は、「毎月花火が上がるまち」
というのに大変魅力を感じたからです。
本当に毎月上がります!!
他にも「地方に住みたい」を主に、お金なり、仕事内容なり様々な理由もありますが、決定打となったのはこれです!
毎月花火が上がるというので、縁もゆかりもない秋田のこの地にやってきました。

!!!!大曲の花火!!!!
大曲の花火.png
ご存知でしょうか、、、 
知っている人は知っていると思います。
日本三大花火大会の一つです!
自分は知りませんでしたが!
この日本三大花火の一つがあるのがここ、大仙市です!
わかりづらいですが、写真右下に見える鉄塔と比較してもらえれば大きさが分かると思います!


各地域をひとつひとつの魅力と個人的感想もまじえて紹介していきます!
ぜひ見てください!

まずは、大曲
大仙市の入り口的な存在で中心地である大曲は上にも書いたとおり、
大曲の花火が行われるエリアになります!
大曲駅.png
東京からこの大曲駅まで、新幹線こまちに乗ってだいたい3時間ほどで到着!
駅前にある大きな花火玉のモニュメントの前で写真を撮っちゃってください!

大曲一番の特徴である〝大曲の花火〟ですが、年間に4回あるのをご存知でした??
実は、と年に4回行われているんです!! 
もちろん、夏の全国花火競技大会が一番大きな規模ではありますが、他の3つも十分魅力的な花火大会です。

駅周辺や商店街は飲み屋やカフェ、雑貨屋などが多くあり、華やかさがあります!
また、イベント等もよくあって賑わいのある商店街です!
商店街通り.png
大曲.png
姫神.png
近くにある橋から見える、この景色はドイツの建築家ブルーノタウトが惚れた風景です。
ここから見た月夜の風景がとても良かったそうです!

中心地なので住宅地が多く、お店のバリエーションもあり、環境は一番整っている地域です。
近くの大通りである国道13号線沿いにはイオンモールなんかもあります。
田舎に住みたいと考える人には少し違うかもしれません。
大曲様子.png(※はなび・アムから撮影)

しかし、大曲駅から離れていくと雰囲気もガラッと変わり、田舎らしさがでてきます。
角間川という地区では昔の景色がいまでも残っており、趣きがあります。
角間川盆踊り.png(※角間川盆踊り)
また、余目という地区では春に行われる花火大会がとても迫力があり見応えがあります。
また夏近くになるとホタルなども現れ、多くの方が観に訪れます! とてもよかったです!
同じ大曲地域でもとても違いがあり、どちらにも良さがあります。
大仙市の中心地、大曲でした!


奥羽山脈の麓にある太田
大曲とは打って変わって、目の前が奥羽山脈なので、自然にあふれております!
夏はトレッキング、冬はスキーやスノボーができるレジャー地域です!
道.png
太田地域の中心部は県道11号線を挟むように住宅やお店が並んでおります。
地域の中には老舗の食堂やお肉屋さん等もあって、どこか懐かしい雰囲気があります!

ですが、太田はやはり奥羽山脈が近くにあるというのが自分は一番の魅力だと思います。
真木真昼県立自然公園は登山コースになっており、その山道の途中にある一つ一つのスポットがとてもいいです!
山間を流れる斉内川は仙北市にある日本一深い湖田沢湖から来ている水で色が青いんですよ!
水の青さ.png
田沢湖から流れている水なので青さがあります!!
橋のした.png(※川口渓谷)
すごい滝.png(※真木渓谷)
大自然を感じられる夏最強の遊び場です! 
また、7月下旬から8月にかけて、山の上に咲くニッコウキスゲがとても綺麗です!!
ニッコウキスゲ.png

そして、冬になると大台スキー場というところでスキースノボーが楽しめます。
またこのスキー場は冬季以外、車で上に登ることができ、そこから見える景色はとても綺麗です!
夕.png
地域の奥まで一望できる大台スキー場から見る夕焼けや四季それぞれの色のある景色などはとても感動すると思います!

地域の伝統行事として、〝ささら〟という行事も見どころだと思います!
太田だけの行事ではありませんが、〝国見ささら〟や〝横沢ささら〟は大変見応えがあります!
ささら.png(※国見ささら)
地域の中の神仏を供養するため、獅子が舞います!!
主に、8月上旬から中旬まで行われ、この時期になると夜、地域の雰囲気が少し変わるような気がします。

奥羽山脈の自然を感じることができ、
また個人的に1時間地ビール飲み放題がある奥羽山荘もおすすめです!!
以上、奥羽山脈の自然を感じられる町 太田でした!

大仙市の北部、秋田市とお隣の協和
協和地域はとても広い! 買い物も秋田市だったり大曲だったりするそうです。
正直自分もまだ協和地域を半分も把握できていない現状です!
協和市.png
図のように上れば秋田市へ、右に曲がれば角館、下へ行けば大曲と
どこへいくにもアクセスの良く、ある意味中心の町です! 空港もすぐ近くにあります!
協和には安産や子宝に恵まれるなどのご利益がある〝唐松神社〟があります!
唐松神社.png(※唐松神社)
天の日.png(※天日宮)
こちらが安産や子宝などに縁起の良い「天日宮」になります!
多い時は1日に20組ほどの夫婦が来られるそうです。

そんな唐松神社の見どころは樹齢300年の杉並木です!!
杉並木.png
この連立してなる杉が神秘的なものを思わせます。
とても雰囲気が良い神社です。 協和では外せないスポットになります!
この唐松神社があるエリアが協和の中心地になります!
羽後境駅.png
こちらは「羽後境駅」です! 電車で協和に行く時はこちらの駅でご降車下さい!

中心地から離れ、自分がイベント行事等でお世話になった船岡という山間地域は田んぼに囲まれ、近くに沢が流れているのが個人的にはとても田舎らしい田舎の雰囲気があると思います。
地域の方達で行われる行事やイベントは地域の方達の交流の場となり、とても温かみを感じられます!
田舎の良さは『地域の中の人のつながり』と考える自分的にはとても良い場所です!
まつりのとおり.png(※協和七夕花火 会場近くの様子)
↑道沿いを照らすライトが綺麗だったのでこの写真を使いました。もう少し左側で花火が上がっております。

船岡をさらに奥に行けば協和スキー場や協和ダムなどもあります!
シーズンに入ると、市外からも多くのお客さんが来られるそうです!
ダム.png

他にもサーキットやモトクロスのコースなどモータースポーツが楽しめる空間も協和にあります!

そして、協和から角館方面へ向かう国道46号線の道中にある、「道の駅協和 四季の森」で販売している、
『さっちゃんのこめっこせんべい』はとてもおすすめです!
サクサクで塩加減もよく、めっちゃおいしいです! 立ち寄るタイミングがありましたらぜひ食べていただきたい!
協和に行く度に買わせてもらっています! 

大仙市で一番大きい町協和、まだまだ知らないことだらけなので見て回らなければ、、、
唐松神社にぜひ行ってみてください! 協和でした!

スーパーない、コンビニない、けど案外良いかも南外!
大仙市8つの地域で一番自然に囲まれています!
山菜の宝庫である南外、特にわらびが豊富に育っています。

自分は大仙市に来て初めて自然の山菜に触れるようになりましたが、おいしく食べることのできる山菜ってとてもたくさんあるんだと驚きました!
「これも食べられるんですか?」と南外地域の方に何回も聞いた気がします。
特に〝ミズ〟という山菜がとても気に入りました! 試してみてください!

そんな南外の中心地は今も昔ながらの雰囲気があり、情緒があります。
仲通り.png
一つの通りにお店や家がズラッと並んでいるのがコミっとしている感じがとても良いです!
先に書いたように、南外にはスーパーもコンビニもありませんが、個人商店や地域の方で運営している、お店などがあります。

そして、他の魅力として、深い眠りの湯と知られる南外の温泉「岩倉温泉」
日本秘湯を守る会の会員宿の一つになります。
岩倉温泉.png
お湯を楽しみたいという方におすすめの温泉です!

酒蔵「出羽鶴酒造」です!
出羽鶴1.png

不動の滝
一昨年にあった水害で大きく被害をうけた不動の滝ですが、
整備も終わり、手前にある橋の上から見ることができます!
不動の滝.png
他にも海鼠釉(なまこゆう)をかけた青みの綺麗な陶器 楢岡焼きの楢岡陶苑など
コンビニなくてもいろいろある地域なんです。
また、地域の様子や雰囲気からなのか、地域自体に温かみも感じます。

6月頃に行われるイベント楢岡さなぶり酒花火は近くで打ち上がるのと
水の張った田んぼに花火が写るのがとても綺麗です!
南外花火.png
自分の中で一番可能性を感じる地域
素敵な田舎 南外地域でした! 


奥まで続く田園地帯! 仙北平野が広がってます!
仙北は見渡す限り田んぼです!
悪い意味ではありません!! ほんとうにすごいんです!!

田植えを終え、張った水が水面鏡になる春、育った稲が一面を緑にする夏
穂が実り一面黄色に染まる秋、そして、全てが雪で真っ白になる冬。
季節の色がハッキリと出るこの仙北平野が本当に見どころです!
田んぼ.png(※秋頃)
自分は夏の感じが一番好きです! が、なぜか写真が見つからない、、、
緑の田んぼと積乱雲、後ろには奥羽山脈、縁側でスイカを食べたくなる景色なんです!!
仙北平野を望むなら高いところから一面を見るのではなく、田んぼと田んぼの間の道から景色を一望するのが自分的にはおすすめです!
また、晴れた日なんかにサイクリングなどするのもとても良さそうです!
サイクリング.png

この仙北平野の中に佇む門、国指定史跡「払田柵跡」があります。
いろいろと歴史がありますが、ここで説明はしません! 
こちらのページでご覧ください!→国指定史跡「払田柵跡」
払田柵.png

払田柵で行われる冬の祭ではミニかまくら作りが行われ、夜になるとかまくらの中のロウソクの灯りが一面を照らしとても綺麗です。
ミニかまくら.png
そして、払田柵の向かいには、県の埋蔵文化財センターがあり、土器や石器などの歴史的産物が展示されております!
興味のある方におすすめです!

そして、もう一つ
「旧池田氏庭園」こちらも国指定名勝になります。
東北三大地主の一人、池田さんの庭園です! 
庭園内とても綺麗で写真映えします。→国指定名勝 旧池田氏庭園
池田氏庭園.png
冬季は閉まっており、5月から公開します。
同月にある庭園のライトアップはとても綺麗です!また、自分は11月下旬頃は園内が紅葉に包まれとてもおすすめです!
どっちも行ってみてください!!
ライトアップ.png(※池田氏庭園ライトアップ)
大地主池田さんの豪華な庭園をぜひ見てみてください!
以上、四季を感じられるノスタルジーな地域 仙北でした!


ドンドン♪ パンパン♪ ドン♪ パンパン♪
みんな踊りますドンパン節! 中仙
中仙地域と言えば、民謡 ドンパン節です!
8月中旬に行われる「ドンパン祭」という行事では中仙のアイドルドンパン娘と共にたくさんの人が踊ります!
どんぱん娘.png
どんぱんw.png
どんぱん.png
そもそもドンパンとはこの中仙地域出身の元宮大工で彫刻師として活躍していた「高橋 市蔵」 通称 円満造(えまぞう)さん
彼が作詞した『円満造甚句』というのを元に作られたのがこのドンパン節という曲です。
全国的に使われているので、聞けば分かる方もいると思います。
えまぞう家.png(※円満造翁 生家)
えまぞう資料.png(※円満造作品 資料部屋)
また、中仙豊川地区にある円満造さんの生家では、円満造さんの経歴や作品などの資料
どういった人柄だったのかまで分かる情報があります!
とてもおもしろいです! 
円満造さんが手がけた神社やお寺の彫刻を先に見てから行くとさらにおもしろいかもです!

そんな、中仙地域は国道105号線を中心に町並みが広がっているように思います。
お酒秀よしを作っている鈴木酒造店のある中仙の商店街の通りには水路が流れていて情緒があります。
地域の中に水路があるのがとても新鮮な自分はこれが良い景色を生んでいる様に感じます。
水路がないとガラッと景色が変わるだろうと思います。

中仙地域はなによりもすごいの〝桜〟なのかなと思います!!
自分もまだ生で見たことがないのですが、写真だけでもすごいのが分かるのと、
八乙女公園の桜がすごいと口を揃えて地域の方は言います。
八乙女公園.png(※八乙女公園)
さいないがわ.png(※斉内川)
来月絶対見に行きます!
また、道の駅なかせんの裏を流れる斉内川の桜もとても良いそうです!
桜の季節になったらぜひとも行ってみてください!
案内できるようにがんばってみます!

伝統行事もさまざまある中仙、
『線刻千手観音等鏡像』という国宝もあり、年に1回だけお披露目されます!
他にも、火振りかまくらやぼんでんなど見るもの豊かです!
ヒブリカ枕.png(※押切の火振りかまくら)
ぼんでん.png(※八坂神社のぼんでん)
どちらの行事もとても見応えがあり良かったです!
以上、ドンパン節と桜の町中仙でした!!


秋田県最強の調味料味どうらくの里
こちらの製造会社 東北醤油株式会社のある神岡

秋田県民で知らない人はまずいないソウルフードです!
味道楽.png
醤油代わりに味どうらく、麺つゆ代わりに味どうらく、卵焼きの味付け味どうらく
なんにでも使えます!

大曲から15分程で着く神岡の中心地は、中仙同様に水路が流れており、自分的に魅力のポイントです!
小学生が探険してそうな雰囲気です。
水路kk.png
排水2溝.png
ちなみにこういった水路は冬季に雪捨て場になるんですよ。
環境が違うといろいろと町並みが変わるんだなぁと埼玉出身の自分は感じます。

また、中心地の住宅がコミっとしており、写真のような小道が多くあるのも魅力に感じます。
これも水路同様でノスタルジックかつ、探険したくなるような雰囲気があります!
神岡迷路(1).png
神岡迷路2(1).png

そんな神岡は、少年野球発祥の地としても知られています。
「嶽雄館」というところでは、草野球の始まりから、現代野球の物や資料など多くの展示があります!
有名選手の使っていた道具なども展示されているので、野球が好きな方はとてもおもしろいと思います!
がくゆうかん.png

そして、酒蔵!!
本当に大仙市、酒造がたくさんあります!
刈穂酒造!
刈穂.png

福乃友酒造!
ふくのとも.png
秋田に来たらぜひとも飲み比べてほしいと思います!!
自分にあった日本酒を見つけてみてください!

神岡の行事はなんといっても〝神岡南外花火大会〟がおすすめです!!
会場から花火までの距離も近く、ロケーションがとてもいいなぁと思います!
神岡花火.png
神岡花火2.png

9月に開催される花火大会です!
そして、同じく9月に開催される神宮寺八幡神社の祭典〝旗背負い〟
こちらは昔ながらの伝統行事という雰囲気がとても伝わってきます。
はたしょい.png
重さ150kgの旗を背負って地域を巡っている様子はとても見応えがあります!
ぜひこちらも見ていただきたいです!
以上、情緒ある町 神岡でした!!


国内最大級の大綱引きが行われる町、西仙北
西仙北には国内最大級の綱引き刈和野の大綱引きがあります!
『第16回あきたふるさとCM大賞』で大仙市が見事大賞を取った作品も刈和野の大綱引きを映しています!
こちらをクリック→「第16回あきたふるさと手作りCM大賞」大仙市出品作品「刈和野の大綱引き」
綱.png
500年以上の歴史を持ち、当日には約8000人程のお客さんが来るビッグイベントです!
自分的にはもっと大きく周知すべきイベントではないかと思っています!
刈和野駅前.png
刈和野駅には綱引きに使われる綱の展示があります。
本番はこれの何倍か長く大きいものになります!!

そんな西仙北の町並みは昭和レトロな雰囲気を感じます。
(※自分は平成生まれなので昭和を知りません。)
商店街.png(※刈和野 逸見商店)
しょうほうえん.png(※強首温泉 樅峰苑)
砲戦時.png(※土川 宝泉寺)
中心である刈和野地区の商店街にはお肉屋さん、お菓子屋さん、食堂に居酒屋などがポツポツとあり、地域の方達が多く利用しています!
また、メイン通りからちょっとした道に入ると少し狭まった通りが多くあり、中は住宅がコミッとしていて自分は好きです!
西仙北2.png
西仙北は協和の次に大きく、やはり地区ごとでも結構雰囲気は変わってきます。
他の7地域でも同様なのかもしれませんが今、自分が西仙北に着眼している分それがよくわかります。

その中での自分が好きな場所を紹介
月山.png(※夏)
西仙北大沢郷地区にある神社〝月山神社というところです。
この階段の上に行くと神社があるのですが、自分はこの階段と灯篭の雰囲気に魅了されています。
静寂な空間にこの階段がとても神秘的です。
雪月山.png(※冬)
雪をかぶった灯篭なんかはすごく絵になりますよね。

推し図.png
こちらは西仙北の地域資源〝雄清水 雌清水-おしずめしず-〟です!
自分は軟水か硬水かくらいの水の違いしかわからないのですが、
自転車で汲みに来る方とお話する機会があり、「とてもうまいんだぁ」とのことでした。
遠方からも多くの利用者がいるそうです!

西仙北の行事としては、
綱引きもそうですが、刈和野地域に流れる雄物川で行われる夏祭りふるさと西仙祭り〟というのも大変綺麗です!
灯篭流しと共に花火が打ち上がります!
燈籠花火.png
わかりにくいのですが、下のポツポツある灯りが灯篭です!

その他にもさまざま地域の伝統行事などがあります!
以上、大綱引きの町 西仙北でした!


という感じです!!
大仙市各地域を簡単に紹介させていただきました! 
全て読んでくれた方、ありがとうございます!

この各地域を去年の4月から見て周り、情報発信などを行ってきました。
関東では体験できないことや、まったく知らないことも多くあってとても新鮮な一年でした!
また、各地域で行われる行事なんかにも参加させてもらったりとありがたい限りです。
ですが、そういったものを協力隊として、どうすれば有効な情報発信などが行えるのだろうか、
どうすれば地域に人を呼び込めるだろうか、関係人口、魅力の再発見などなど
今現在でも難航している状況です。

この1年間でさまざまなことを考え、自分の中で「地域間交流」と「地域の特異性」が大事なのかなと思いました。
自分はもともと、田舎の良さは地域の温かみ〟と考えており、地域の中での人の行き交いや交流の場があるところこそ地域の魅力と思うのです。
ですが、大仙市に来て、中心地の現状や移動手段、人口減少などさまざまな問題で地域の中での交流が薄れているというのを感じました。
大仙市の中心地である大曲では、人の行き交いが見えますが、他の地域の中心地に行くと人の行き交いはなく静かな町並みに寂しさを感じます。


地域の特異性に関して、地方に移住したいと考えている人が気になる地域を選ぶ際に、地域の移住や育児などの手当てや気候なんかもありますが、突出した魅力なんかも見て選ぶのかなと思います。
その時に「海が綺麗な町」や「田園風景が綺麗な町」では日本全国でたくさんあり競争率が高すぎて、他の地域に無いくらい綺麗でなければまず引っかかりません。
これから自分の地域を移住希望者や地方に興味のある方に伝えるには、日本一は難しいかもしれませんが、地域の特徴を探しそれに特化して、情報発信を行っていく必要があると思いました。
また、その特徴が無ければ作っていかなければならないと思います。

今自分は、上にも書いた通り、大仙市の西仙北地域に特化しております。
理由としては、大仙市が広く、全域で動いていると地域の中にまで入っていけず、進展が見えないと感じている時に
西仙北で地域を盛り上げようと頑張る意欲的な方とのつながりができ、西仙北に入っていきました。
そこから、西仙北地域の方とのつながりが徐々に増えていき、今後どういったように動こうかなども
確実ではないですが、見えてきたかなという現状です。
先に書いた「地域間交流」と「地域の特異性」を少しでも実現できるように今後も頑張っていきたいと思います。

地方への移住を考えている方へ、
一番最初に書いた通り、自分は大仙市に「毎月花火が上がるまち」という言葉だけで来ており、
ほとんど下調べもせずに現在大曲の住宅地に住んでいるのですが、
「全然田舎に住めてない!!」と来た当初は残念でした。
今は仕事場も近く、買い物にも困らないので一人暮らし初心者の自分には正解だと思いますし、
また、地域おこし協力隊として各地域に入っていくので自分が理想とした環境なんかもたくさん見ることができ今は良かったかなと思います。

ですが、協力隊でなく地方に移住を検討している人はそうはいかないので、
こんな自分を踏まえて、当たり前かもしれないですが、自分みたいな人もいるだろうとの思いで、、、
気になる町の特色や町並みなんかをネットでもなんでもいいのである程度把握しておくのと、
なにより、自分がいいなと思う地域に実際に一度行って、見て判断するのが良いのかなと思います。
大仙市のように、市の中でさらにさまざまな環境があったりもするので、そこらへんも見ながら
どういう地域で、どういう生活を送りたいのか、それと比較してください。
あと、その地域の移住者支援などのバックアップなんかありますので、気になる方はそちらも確認して見てください。

また、協力隊に興味が湧いた方はこちらを見てください!
田舎暮らしの魅力や移住・交流の情報を発信をしているJOIN〟というサイトです!
全国の協力隊募集案件などが見れます! そこから、気になる地域を探すのもいいかもしれません!
なので、地方への移住希望者さんにもおすすめですね!
自分の住みたい景色を探してみてください!!

大曲神社.png

旗背負い.png

イチョウ.png

排水路.png

もみじとうろう.png

曲がり角.png

除雪.png

月.png
そして、大仙市に興味が湧いた方はぜひお越しください!!
大仙市のホームページでは、各地域の行事から名所などの情報もあります!
移住相談なども受け付けておりますし、都市圏で年間に何度か行っております!
直接来ていただければご案内します! 自分のおすすめなところだけ!!
大曲の花火もぜひ見にきて下さい。 
→→大仙市HP←←


そして、一つお知らせです!
こちらのブログの利用を今年度で終了することになりました。
が、記事自体は残るそうなので、今回こんな感じの内容を書かせていただきました。

自分たちの情報発信につきまして、
大仙市地域おこし協力隊のfacebookのアカウントがあります!
https://www.facebook.com/daisen.k00/
今後はこちらの方を見ていただけたらなぁと思います! 
見てください! よろしくお願いします^^
読んでいただきありがとうございました!

秋田県大仙市

この投稿者の移住ブログ

秋田県大仙市(だいせんし)の移住ブログ