秋田の伝統行事 ぼんでん!!

ぐわぁ、気づけば2月も後半。
ぼんでん! 火振りかまくら! 紙風船! 大綱引き!
立て続けにあった小正月行事もついに終わってしまいとても残念な気分です。
とても楽しい期間でした!素敵!


投稿が大変遅くなってしまいましたが、

八坂神社.png

八坂神社〟 で1月13日(日)に毎年行われている小正月行事
『八坂神社ぼんでん』に密着させていただきました。

なぜ密着したかというと、
この〝ぼんでん〟 という行事が埼玉県民の自分には非常に珍しいもので、
以前に協和地域で行われたぼんでんに参加し、記事にもさせていただきましたが、
地域の色が出るとても良い行事だなぁと感じ、今回のこの八坂神社のぼんでんも
ぜひ、見てみたい!! というのがあってのことでした。

ざっくりとぼんでんを説明しますと、
ぼんでんを持って各家々や商店を周り、そこの厄をぼんでんに絡め、家内安全や無病息災などを祈願します。そして、最後にその地域の神社の中へと奉納していくのです。

が!
八坂神社ぼんでんは通称「喧嘩ぼんでん」と言い、約500年も前から行われている行事です。
内容も上記の説明と同じです。 なぜ喧嘩ぼんでんなのか?
それは、奉納の際に他の地域がその奉納するぼんでんを押し返し簡単に奉納させないという習わしがあるそうで、神社の中で別の地域同士の衝突が毎年あり、昔は流血者が続出するほどのものだったそうです。
そんな行事に昔は中仙だけでなく、大仙市の各地域や秋田市、角館など遠くからおよそ300地域もの地区が参加していたそうです!
しかも、当時は車なんかもないので、遠方から歩いてこの八坂神社まで来ていたらしいです。

すごい。
八坂神社に来るまでにケガ人が出たのではないかと思います。
時代に応じて奉納時もだいぶ落ち着き、今はケガ人が出ることはそうそう無いそうです。

ということで!
今回、大仙市清水村杉地区のぼんでんにお邪魔させていただきました!
村杉.png
村杉地域の村杉若衆です!!
写真でわかる通り、ぼんでんがデカい。
ぼんでんを写真に入れたことで村杉若衆が遠くなってしまいましたが、
見て分かる通り、このぼんでんを担ぐだけあって、皆さん力強そうな体をしております。

近くの神社へ向かう.png
というわけで、

-1月12日(土)-
八坂神社のぼんでん前日です!
この行事を一日で行うと朝から夜まで掛かってしまうので、毎年前日から行っているそうです。
なので、自分も前日から同行させていただきました!

ぼんでん回し1.png
おぉー、すごい! 回してる!
ぼんでん唄というのに合わせて法螺貝を吹き、板と板をぶつけ合う、板打ちを行ったりとそれぞれの役割があります!
ぼんでんを上にあげる際に、周りは「ジョヤサ!ジョヤサ!」と掛け声を上げるのですが、
この〝ジョヤサ〟というのは元々『除夜叉←ジョヤシャ』というのが訛ったものらしいです!

近くの神社.png
村杉地区の氏神様に、これから行うぼんでんが無事奉納まで終えれるよう願掛けしています。
ふと思いましたが、ぼんでんは節分と似てますね。
「鬼は外ぉ〜、福は内ぃ〜」みたいな、、、

板.png
この板は家内安全や無病息災など、各家々を祈願する文字と
今年厄年を迎える地域の方の名前や祝百歳という祝いの板もあり、ぼんでんと共に奉納されます。

神社にお参り.png
ぼんでん開始.png
願掛けが終わるといざ、村杉地域の家々周りがスタートです。
村杉は約50世帯ほどあり、それを一日掛けて回って来ました!

店周り.png
記念すべき一軒目、
ぼんでんの上についている紙にも意味があるそうですが、
黄色がお金 が安全
というのしかわかりませんでした、、、。
次回のぼんでんの際に調査したいと思います。

紙渡し.png
ぼんでんを回した時に、この色紙がたくさん落ちれば落ちるほど縁起が良いというものです!
お家の人からお礼にお酒や食べ物などを振る舞ってもらったりしながら一軒一軒祈願していきます。
ぼんでん回し2.png
ふるまい酒.png
なんと言ったらいいのか思いつかないのですが、協和地域のぼんでんでもそうだったのですが、
祈願した家の方からお酒等を振る舞ってもらう様子がとても素敵なんです。
地域の温かさをすごく感じるんです!!
板打ち.png
これが板同士を打ち合う、板打ちというやつです!
ぼんでん唄に合わせて打ち合い、「カツン! カツン!」と音を立てます。

紙が舞うぼんでんまわし1.png
道中の十字路でも交通事故がないよう、安全を祈願します。
紫の色紙がよく舞ったここは今年は安全なのでしょう!

持った!.png
お昼休憩の時に自分もぼんでんを担がせてもらいました!
持ち上げることはできるのですが、まぁ回せない、、、。
これは中々修行が必要だなぁと感じます。

休憩.png
紙が舞うぼんでんまわし.png
ぼんでんが良く映えるので、
今回は良い写真がよく撮れました、個人的にですが。
そして、時刻は16時頃と気づけば長いこと地域を歩き回っていました!
天気がいい.png
雪も雨も一切降ることなく、天候に恵まれたぼんでん周りでした!
明日はこのぼんでんを奉納です。

夜に八坂神社でどんど焼きを行うと知り、急遽様子を観に行きました!
真っ暗な中、多くの人が正月飾りやお守りなどを持って神社を訪れていました。
どんど焼き1.png
自分が地元で普段観ていたどんど焼きとは全然違う様子で驚きました。
というよりも『どんど焼き』と言うのも初めて知りました!
今まで火の中にただただ投げ入れるようなものしか観たことがなく、
今回のこれを見て「あっこれは神事なのか!」と初めて知りました。

どんど焼き2.png
とてもよく燃えている。

どんど焼き3.png
焚き火の如く、長いこと眺めていました。
火に魅了されていました。


2日目!
前日同様に天気に恵まれました!
郵便局.png
最初は商店街の店舗をぼんでんまわりしていきました。
郵便局では黄色(お金)の紙がよく落ち、今年は好調なことでしょう!

地域の小学校である清水小学校にも寄り、子供たちにベテランのぼんでん回しを披露しました!
自分も夢中になって板打ちをしていたので写真を撮るのを忘れていました。
小学校でぼんでん.png

そして、いよいよこの行事のメインとなる奉納!!
八坂神社前の通りはぼんでんを立てて向かわなければいけないようで、
代わり代わる神社まで歩いていきました! 自分は先回りし、様子を撮影

雰囲気がとてもかっこいい。
一本道.png

神社の前には一番最初に奉納する清水小学校のぼんでんが来ており、
たくさんの小学生がドンパン節の半纏を着て八坂神社の中を埋めていました!

小学生の集まり.png
人は支えあって生きる.png
「人は支え合って生きる」...!!
ぼんでんにも通づるものを感じる。
小学生.png
小学生にはだいぶ大きいぼんでんで、持つ分には一人でも持てるのですが、
それを上にあげると中々一人では難しく、友達同士が支え合ってぼんでんを上に掲げている様子はまさにそれですね。

そして、待ちに待った奉納!!
子供たちの「ジョヤサ!」という掛け声と奉納されるぼんでん、それを押し返す大人たち
活気があってとても楽しそう!!
見ていると結構な勢いで突っ込んでくるぼんでんを止めるのも結構大変そうで、
全盛期がどんな奉納の仕方をしていたのかなんとなく想像ができました(・-・;)
小学生奉納.png
小学生奉納3.png
ジョヤサ! ジョヤサ!
と3回のぼんでんの押し合いの末、無事小学生のぼんでんは奉納されました!

他地域のぼんでんが2本奉納され
ついに、村杉地域のぼんでんを奉納する番! いやぁー、本当にかっこいい。
ぼんでん突撃.png
とgそ.png
奉納あたり.png
dんふぉさ.png
写真では伝わらないですが、勢いがありとてもすごい!
実際写真を撮るテクニックなんでしょうが、自分はまだまだ未熟ですね。

村杉若衆も押し合いの末、無事奉納!!
自分も一緒に中に入り様子を見ておりました。
奉納.png
これにて、八坂神社のぼんでん奉納終了です!
2日間、村杉若衆には大変お世話になりました、そして、村杉地域の方にも大変お世話になりました!

ぼんでん行事の良さを改めて感じることができました。
「喧嘩ぼんでん」という名前ですが、地域の温かみを感じられるとてもいいぼんでん行事でした!

地域一体で行われるこういった行事は本当にいいですね!
地域のつながり、人の優しさ。
田舎の良さですね。
来年はしっかりと参加していければなと思います!
他の地域のぼんでんも引き続き見ていきたい!!
祭壇.png

秋田県大仙市

この投稿者の移住ブログ

秋田県大仙市(だいせんし)の移住ブログ