気軽に持てるガラス細工

夏の暑さがだんだんと和らぎ、過ごしやすい季節になってまいりました。

景色も少し違って見えるような気がしています。

季節は、ですね

アキアカネが田んぼの上を飛び回っているのでしょうか、アキアカネは俗に言う赤とんぼのことです!

とんぼといえば、あの素敵なガラス細工ですよね。


8月の中旬に、自分は大仙市西仙北地域にある
がらす・とんぼ玉工房 つきのき」にとんぼ玉作りを体験しに行ってました!
つきのき.png

13号線から252号線をまっすぐ行った所にあります。 アバウトですが

自分はトンボ玉が子供の頃から好きで、自分で作ってみたいなぁという思いがあり、
この度、「つきのき」さんに取材と体験をさせていただきました。

そもそもトンボ玉とはなんなのか?
とんぼ玉 青 紫.png

とんぼ玉(とんぼだま、蜻蛉玉)は、穴の開いたガラス玉(ビーズ)のこと。模様のついたガラス玉
をトンボの複眼に見立てて、「とんぼ玉」と呼ばれたといわれている。江戸時代には青地に白の花
模様のガラス玉を「蜻蛉玉」と呼び、それ以外のものは模様に応じて「スジ玉」「雁木玉」などと呼
び分けていたが、現在では模様に関係なく「とんぼ玉」と呼ばれている。 (*wikipedia)

ということです。
自分も初めて知りました。

この記事を読んで、トンボ玉に少しでも興味を持っていただければバンザイです。
みんなで一緒にトンボ玉を身につけてみませんか。

というわけで!

工房でトンボ玉を製作している小松さんです!
小松さん.png

10年程前に北海道函館で初めてトンボ玉を作り、そこからハマってずっと作り続けているそうで、
3年前から「がらす・とんぼ玉工房 つきのき」として製作しているそうです。

工房の中は小松さんが作った作品がたくさんありました。とんぼ玉 緑 帯締め.png

泡玉.png
自分がいままで見てきたトンボ玉とえらい違いを感じました。
奥行きのある花や花火の模様に、金魚が泳いでいたり、泡が施されたりと、
どれも芸術作品でした。

とんぼ玉 作品箱.png
花や金魚は最初に作り、トンボ玉に施す際に張り付けていくそです。
作品箱の中にもこれまで作ってきた作品がたくさん入っており、
宝石箱のようになっていました。

とんぼ玉 動物.png
ユニークなトンボ玉!
こういった生き物を模したり、玉の中に花火や金魚なんかを綺麗に模していると、
まだまだ他にもいろんな人がそれぞれのやり方ですごいトンボ玉を作っているんだろうと思います。

とんぼ玉 かぼちゃ.png
ハロウィンの時期に作った作品だそうです。 かわいい。

とんぼ玉 簪.png
アクセサリーやかんざし、指輪など他にもさまざまな作品もありました。
上の写真のハロウィンのもそうなんですが、トンボ玉のお守りそか見たことのなかった自分は感動でした。
かんざしを見ると、トンボ玉が活きているなと感じます!

自分もこのくらい綺麗なトンボ玉を作れるようになりたい!!

ということで、トンボ玉作りを体験させていただきました!

こちらが作業台になります。
作業代.png
この作業場の下にもたくさんの道具や材料が置かれており、「工房!」って感じがしました。ガスバーナーの購入が一番高いらしいです。

ガラス棒.png
そして、こちらがガラスになります! 棒状です!
色様々で、このままでもインテリアとして飾れそうです。
このガラスも物によって全然違うらしく、溶けやすかったり、割れにくかったり
中には、色に変化を与えるガラスもあるそうです。

それでは工程です。

手順1.png
ガラス棒をバーナーで溶かしていきます。
使う分を溶かしていく間は垂れ落ちないようにくるっと回しながらとかしていきます。

手順2.png
離型剤を塗ったステンレスの棒で巻取っていきます。
完成した後に、とんぼ玉を棒から引き抜きやすくする役目をします。

手順3.png
トンボ玉にする分を取ったら、ガラス棒を焼き離します。

手順4.png
ヘラで凹凸を成形していき、トンボ玉の丸みを作っていきます。

手順5.png
ある程度形を整うと、あとはバーナーに当てながらくるくる回し、丸くしていきます。
このタイミングで細かくした重曹をかけ、その上に透明なガラスを溶かすと、中に泡のあるトンボ玉ができるそうです!

灰.png
灰の中に入れて、熱が冷めれば完成です!

一見簡単名ように見えますが、やってみると結構難しいんです!

形がうまいこと整わないのと、バーナーから出る火が近くて熱い!
作業中は風があると火がブレてしまうので、窓は締切り、風が発生しない環境で製作するそうです。

禍々しいとんぼ玉.png
棒についてるのが自分の作ったトンボ玉です。
初めてにしては上出来なんじゃないでしょうか。
私.png

やってみたかったトンボ玉作りをやらせていただき、貴重な体験になりました。
小松さんの作ったトンボ玉のように綺麗な物を作るのにはまだまだかかりそうです!

またちょっとずつ練習を重ねていき、いずれは小松さんくらいうまく作れればと思います。

おわり.png

いかがでしょうか。
トンボ玉に少しでも興味を持っていただけたでしょうか。

ぜひ、「がらす・とんぼ玉工房 つきのき」に訪れてみてください!

tukinoki.png

伊藤貴輝

伊藤貴輝

秋田県大仙市

2018.4.1より大仙市地域おこし協力隊になりました! 伊藤 貴輝(いとう たかき)です! ○自己紹介.     性別.男 出身.埼玉   年齢.23歳 *身長.178cmくらい  体重.78kg   誕生日.11月12日 *趣味.テニス/楽器演奏(初心者)/ツーリング  *好きな事.出歩くこと/遊ぶこと  嫌いな事.勉強/暇 *好きな音楽.ほどほどに全般    好きな物.漫画/バイク/楽器 埼玉県から秋田県まで車で7時間くらいかかりました! いろんなところに出歩いてるかもしれないので、見つけたら声をかけてください。

コメント

この投稿者の移住ブログ

秋田県大仙市(だいせんし)の移住ブログ