着物の活路 「手作り工房 心紬」

夏といえばお祭りですよね!

さまざまな屋台が並んで、人の声や他の音が交じった喧騒、自分はお祭りの雰囲気が大好きです。

その雰囲気をより良く魅せるのが浴衣や甚平などの和装ですよね。

和装あっての祭だとも思います。


一点ものの和装などが欲しい方、和装に憧れのある方必見です。

「夏は浴衣が着たいなぁ」「自分に合った和服がほしいなぁ」

など誰もが考えたことあるんじゃないでしょうか、自分はあります。

大曲駅から車で20分

大仙市神岡地域で、着物などをオーダーリメイクしている工房

心紬-こころつむぎ-」さんに訪れました。

omise.png
創業5年目、道の駅かみおかの裏手に隠れている素敵なお店です。

心紬では預かった着物やお店で扱っている生地などを使い、お客さんのオーダーでドレスやエプロン、バッグや小物などさまざまな物にリメイクしてくれます。
きもの.png

親の形見などで譲り受けた着物などがよくあるそうですが、
自分が着るわけでもなく、売るに売れず、扱いに困ってタンスの奥などに眠らせている方が多いそうです。

心当たりのある方はぜひ参考にしてみてください。

お店に入ると、

心紬の看板猫の福ちゃんが自分を招いてくれました。
サイズ感が良くとてもかわいらしい猫さんです。
福ちゃん.png

そして、

心紬のオーナーの黒川 恵美子さんと娘の千鶴子さんです。
恵美子さんと千鶴子さん.png

この度、心紬を取材するにあたって、恵美子さんの旦那さんの次雄さんと南外神岡商工会女性部の皆さんも来て下さいました。
集合写真.png

心紬では商工会の方々やお客さんに着物を使ったリメイクの勉強会も開いており、近隣の方々がお店を訪れたり
また、そういった方々がお茶会などをする際にもここのお店に集まっているそうで、神岡地域の隠れた憩いの場になっているそうです。

和やかに賑やかなお店の中は商工会の方々が個々に作った物なども置いているため、各種さまざまな商品が並んでおり大変見応えがありました。
また、服飾や物作りなどに興味のある自分は、その商品の色彩や形状にも惹かれ、とても勉強にもなりました。
雑貨.png
・リボン型の箸置き  ・名刺入れ
・しじみ貝殻を使ったキーホルダー ・どんぐりを様したキーホルダー

botolukaba-toka.png
着物と樺細工を一緒にしたアクセサリーやカバン掛けに、和を感じるおしゃれなボトルカバー

商品たち.png
座っている人形からそれを吊るす木の土台まですべてが手作りの一点ものになります。

また、それ以外にも
konnyadakene.png
商工会で作っいる、インパクトのあるネーミングのお酒や漬物の素

tyakouro.png
南外地域伝統の陶芸品、楢岡焼きの茶香炉もあります。
この茶香炉は楢岡陶苑の店長さんが心紬のためだけに特別な土を用意して、作った茶香炉で、これは楢岡陶苑にも置いていない心紬のためのオリジナル商品だそうです。

この中から、自分は箸置きと名刺入れを購入させていただきました。 
hasiokitomeiisi.png
箸置きの柄と結びが和の趣きを出し、自分の貧しい食生活が少し華やかになりました。
名刺入れも生地が柔らかくデザインも良くてとても気に入っています!

今でこそ、とても楽しそうなお店の心紬ですが、創業するにあたっていろいろな苦難があったそうです。

次雄さんが社長として20数年間、弱電工場を経営していましたが、元請けの企業が事業を引き上げてしまい仕事が激減。 長く付き合ってきた従業員の方々に辞めて下さいとも言えず、どうにかできないかと考え、
着物が好きだった恵美子さんが新たな分野として挑戦しようと心紬を始めたそうです。

最初は、着物のリメイクや生地など一切知識がなく、京都・大阪・名古屋で材料やデザインなどの勉強をし、日暮里や浅草橋などで生地を仕入れるのに足を運び、展示会などにも勉強のために電車に乗ってよく行ったそうです。
生活もあり、離れて行ってしまった従業員の方々もいましたが、そういった中でできた繋がりや支えてくれたスタッフ、お客さんのおかげで今の心紬になり、感謝感謝の毎日だそうです。

恵美子さん.png

そんな感謝の気持ちを込めて、これから新たな挑戦として、結婚式や披露宴、パーティーなどの相談を受け、お客さんの予算に応じて企画するイベントプランナーのようなことも年間に一件二件でもやりたいと考えているそうです。

心紬の着物をリメイクした商品を見ていて、消えていく着物文化の形を変えた活路になるんじゃないかと思いました。
また、終始にこやかに話してくれた恵美子さんの人柄の良さや行動力が商工会の人やお客さん、自分も含め、多くの人を呼び寄せているんだろうと感じた楽しい取材でした。
生地やま.png

心紬に興味を持たれた方、
オーダーメイドの何かがほしいと思われた方、
家に着物が眠っている方、

ぜひ、大仙市神岡地域 手作り工房 心紬へ行ってみてください。

伊藤貴輝

伊藤貴輝

秋田県大仙市

2018.4.1より大仙市地域おこし協力隊になりました! 伊藤 貴輝(いとう たかき)です! ○自己紹介.     性別.男 出身.埼玉   年齢.23歳 *身長.178cmくらい  体重.78kg   誕生日.11月12日 *趣味.テニス/楽器演奏(初心者)/ツーリング  *好きな事.出歩くこと/遊ぶこと  嫌いな事.勉強/暇 *好きな音楽.ほどほどに全般    好きな物.漫画/バイク/楽器 埼玉県から秋田県まで車で7時間くらいかかりました! いろんなところに出歩いてるかもしれないので、見つけたら声をかけてください。

コメント

この投稿者の移住ブログ

秋田県大仙市(だいせんし)の移住ブログ