秋田県大仙市からのお知らせ 第2回東北U・Iターン大相談会に参加します!!

民謡「秋田おばこ節」!

知ってますか!?秋田が民謡王国だということ!!

ども、かのうです*
民謡「秋田おばこ節」について話させてください!!!

民謡王国と言われる秋田県!
そのさきがけとなったのが「秋田おばこ節」です*

今回は大仙市神岡地域の『かみおか「おもしろ講座」』で開かれた講座についてご紹介します☆
『かみおか「おもしろ講座」』では、郷土史や民俗学について、さまざまなテーマで月に一度、講座が開かれています♪
私こういうのが好きです・・・♪

そして、6月のテーマが「民謡・秋田おばこ節について」でした。

講座風景.jpg
↑講座の風景。


因みに、
大仙市では今月「第30回秋田おばこ節全国大会」が開催されました*
私も聴きに行ってみたのですが、
老若男女の、のど自慢達の唄う「秋田おばこ節」を一日中聴くことができました。

おばこ節大会風景.jpg
↑小さな女の子も唄っています♪初々しくありつつも、芯のある歌声に感動しました!


「秋田おばこ節全国大会」は、コンペティションなので、一日中同じフレーズだけを聴いていたのですが、、、
「秋田おばこ節」。
実は、色々な種類があること、
時代ごとに歌詞や、唄い方が変わっていったこと、
「おばこ節」の起源が諸説があること等、
今回知ることができました*

佐藤貞子.jpg
↑現在に伝わる「秋田おばこ節」を唄い始めた、伝説の歌い手・佐藤貞子さん!
写真からもエネルギーが伝わってくるようです!かっこいい!!

昔は、歌詞もメロディも一層素朴で、
人々はお弁当持って外に出て、お酒を呑みながら唄い、
自由な振り付けで踊っていたそうです*

最高ですね。

私は唄も踊りも大好きですが、
そんな風景を思い浮かべただけで、
幸せな気持ちになりました*

最高です。

今回、講師としてお話してくださったのは、
あきた芸術村・民族芸能資料センター小田島清朗さんでした*
小田島さんは、あきた芸術村の「わらび座」で活動もされていたとのこと。
粛々とお話を進めていく中にも、芸能に対する熱い想いがビシビシ伝わってきました!

本秋田おばこ節.jpg
↑左は、小田島さん著『民謡「秋田おばこ節」孝』。

秋田の民謡、いいですよ〜^^
へばな*

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<来月のかみおか「おもしろ講座」>
内容:「動物を通して考える人と人のつながり」
講師:小松守さん
日時:7月18日(水)午前10時〜11時30分
会場:神岡中央公民館
お問い合わせ・申し込み/
神岡中央公民館 TEL・0187−72−2501
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

狩野智美

狩野智美

秋田県大仙市

生まれも育ちも群馬県。大学では英米語専攻ですが、ゼミ研究テーマはバリ島伝統芸能でした。その後は、東京で就職。群馬に帰って牧場に勤務。自給自足のノウハウを身に着けるべく、栃木へ移住。仲間の農家民宿立ち上げに、埼玉へ移住。群馬に帰って、故郷を知るべく、遺跡発掘作業員。そして、日本の美しい文化を更に探りたく、秋田県内陸の大仙市に移住しました。将来は私も文化を伝承できる人になりたいです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

秋田県大仙市(だいせんし)の移住ブログ