楢岡さなぶり酒花火*6月の花火

ども、かのうです!

6月の大仙市はちょうど田植えが終わった頃。
大仙市の南外地域では6月2日に、
「第13回楢岡さなぶり酒花火」が開催されました*

私は夕方6:30に会場に到着。
会場は老若男女が集い、大いに賑わっていました!!
(思っていた以上に賑わっていて、本当にビックリ。)

私とえりちゃんは、地元でお世話になっている菊地さんに遭遇!

「まんづ座れ!まんづ座れ!」と、皆さんの宴会テーブルにお誘いいただき、
kikuchisan table eri.jpg

お酒やワラビなど、ご馳走になって盛り上がりました♪
菊地さんの作ったワラビ、とっても美味しかったです!
お酒は、取材中だったので持ち帰らせていただきました*
ありがとうございます^^

「楢岡さなぶり酒花火」では、午後3時半から、様々な催しが行われました。

地元の「出羽鶴酒造」からの、ふるまい酒。
地域の民芸発表や、小学生のストリートダンスショー。
神奈川県から音楽ユニット「N.U.」を招いてのライブ。など

yosakoi sakehanabi2.jpg
↑よさこいの発表(たかくん撮影)

34780040_194654271183099_7248992274011389952_n.jpg
↑N.U.ライブの様子(えりちゃん撮影)

因みに「さなぶり」とは、

田植えの始まりと同時に、降りてきた田の神が、
田植えの終わりを見て帰ること。
また、その時期に行われる祭り。と言われています。
現代では、地域の人が集まって、田植えの労をねぎらい、
今年の豊作を願う行事として行われているそうです。

そしていよいよ花火の時間*

午後7:40〜花火打ち揚げ開始!
私は打ち揚げ場の近くで鑑賞。
会場には地元の子供たちも集まっていました。
元気な歓声が響く中、たのしく花火を鑑賞しました^^

180602_南外さなぶり酒花火.jpg

↑田植えを終えたばかりの田んぼに写る花火
(広報広聴課おかださんの撮影)
こんなにきれいだったんですね〜!驚いた!

地元の人で賑わう、笑顔の耐えないお祭り*
すごく楽しかったです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大仙市内では、七夕に向けて花火のイベントが2つ開催される予定です*
花火通り商店街七夕花火
6月30日(土)@丸子川 丸子橋上流
第37回協和七夕花火
7月7日(土)@協和船岡字上字津野地内

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかなきゃ!!

へばなー*

狩野智美

狩野智美

秋田県大仙市

生まれも育ちも群馬県。大学では英米語専攻ですが、ゼミ研究テーマはバリ島伝統芸能でした。その後は、東京で就職。群馬に帰って牧場に勤務。自給自足のノウハウを身に着けるべく、栃木へ移住。仲間の農家民宿立ち上げに、埼玉へ移住。群馬に帰って、故郷を知るべく、遺跡発掘作業員。そして、日本の美しい文化を更に探りたく、秋田県内陸の大仙市に移住しました。将来は私も文化を伝承できる人になりたいです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

秋田県大仙市(だいせんし)の移住ブログ