きょうわ縁結びグルメ その1

きょうわ縁結びグルメ

試食会へ参加してきました!
4月11日(水) 14:00~ @協和温泉 四季の湯

おいしかったです!
きょうわ縁結びグルメ。

大仙市の協和地域では、 協和地域の食材と、有縁交流都市である宮崎県宮崎市の食材とを融合させた、 「きょうわ縁結びグルメ」というものがあります。 今回、関係者を集めた「きょうわ縁結びグルメ」試食会が 市内の「協和温泉 四季の湯」にて開催されました。

じゃん!

kyouwa_groumet1.JPG

こんなにたくさんのメニューが揃いました!

kyouwa_groumet2.JPG

それぞれのメニューを開発された方に、お話を伺いました。
みなさん、協和の食材と、宮崎の食材とを使ったメニュー開発に試行錯誤されていました!

そうそう、なんで、宮崎と協和がコラボするの?
何故かというと、

協和と宮崎とのご縁は江戸時代にさかのぼります。

時は幕末の動乱期。 東北で唯一、奥羽越列藩同盟に退いた秋田藩は、戊辰戦争の渦中、周囲は旧幕府軍に包囲された状況でした。正に四面楚歌状態。そこに、援軍として来たのが佐土原藩の藩士達でした。派遣された100名の佐土原藩士達の内、8名がここで討死し、その佐土原藩士達を協和の人が供養したそうです。
そして平成となった今、墓参団が協和に訪れ慰霊祭を行ったことをきっかけに、有縁交流都市として、宮崎市(旧佐土原町)と大仙市(旧協和町)は、今でも交流を続けている。ということです。

さてさて、 どんなグルメが出てきたかというと!

つづきは、 伊藤隊員の記事「きょうわ縁結びグルメ その2」、小川隊員の記事「きょうわ縁結びグルメ その3」へ続きます!

へばな〜♪

狩野智美

狩野智美

秋田県大仙市

生まれも育ちも群馬県。大学では英米語専攻ですが、ゼミ研究テーマはバリ島伝統芸能でした。その後は、東京で就職。群馬に帰って牧場に勤務。自給自足のノウハウを身に着けるべく、栃木へ移住。仲間の農家民宿立ち上げに、埼玉へ移住。群馬に帰って、故郷を知るべく、遺跡発掘作業員。そして、日本の美しい文化を更に探りたく、秋田県内陸の大仙市に移住しました。将来は私も文化を伝承できる人になりたいです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

秋田県大仙市(だいせんし)の移住ブログ