座敷童子に会えるかな?

どうも〜〜!!えりです♪

先日、協和地域のからまつ山荘にある『東兵衛屋敷』の噂を聞いて、屋敷を見学させてもらうことに

タイトルの通り、この東兵衛屋敷には座敷童子が住んでいるんだとかむむむ!!!!気になる・・・

IMG_0696.JPG

宿泊はできなかったので、見学させてらいました

東兵衛屋敷とは・・・

源泉掛け流しの宿『からまつ山荘』の敷地内にある宿泊部屋で1日1組しか泊まることができませんからまつ山荘から、渡り廊下を進み、東兵衛屋敷に入ることができます東兵衛屋敷にまつわる童話をご紹介します

IMG_0049.JPG

東兵衛屋敷は、人の名前からきているもので、今から400年ほど前の話です東兵衛は大川前という山深いところに住んでいて、四季の自然の恵みでくらしをたてていました

とある雪の降る夕方、東兵衛のもとに琵琶を持った修験が訪れ、一晩泊めることにその翌日、修験は風邪をひいたのか高熱を出してしまいました何日経っても修験の熱は下がらず、東兵衛夫婦は気の毒に思い、春まで滞在し気長に病気を治したらとすすめました

修験は、この山奥に鉱山があることを告げ、鉱石のありかを確実に探し出すためには、スッポンの生血が必要だと言われました東兵衛は修験に必要だと言われたスッポンを探し歩き、庄内まで足を運びようやく生きたスッポンを連れて帰ります

修験は、助けてくれたお礼にと病み上がりの体をものともせず東兵衛をつれて大川前の上流へと出かけましたようやく鉱石のありかを探しあて、大喜びで山を下りましたしかし、修験は足を滑らし水死してしまいます...。

その後鉱山は大いに栄え、鉱山を探しあてた東兵衛は大金持ちになりましたが、お金よりも子どもが一番の宝物であることを知り、お金は何の役にもなさなかったそうです...。

数年して、東兵衛夫婦は相次いでこの世を去りましたが、地元の人たちは彼の住んでいた場所を東兵衛屋敷と呼んでいますそして、現在は『東兵衛屋敷』という地名になっています

IMG_0695.JPG

座敷童子が住む東兵衛屋敷

からまつ山荘ができてからは、東兵衛屋敷は宴会場や数多くの方が泊まる旅館として利用されていました数年前から東兵衛屋敷に座敷童子が住み始めたそうで、現在は1日1組限定のお部屋になっています

IMG_0697.JPG

※ここからは私の考えも含まれています・・・

座敷童子が住む場所として選ぶのは、いい土地だったり、霊やおばけがいない土地と聞いたことがあるので、東兵衛屋敷は土地がいいのかもしれません

また、一般の家庭に住むのではなく、東兵衛屋敷を選んだのも少し興味深いですねたくさんの方が訪れる東兵衛屋敷に住んで、どんな人が泊まりにくるのかワクワクしているのかも

宿泊する部屋は15畳と広々したお部屋で、座敷童子さんへのプレゼントが数多く置いてあります座敷童子さんも楽しそうですね

IMG_0698.JPG

そんな東兵衛屋敷は、まるまる一本の柱が屋敷を支え、とてもかっこよく雰囲気もよく、とても立派な建物でした

IMG_0050.JPG

座敷童子さんに会えた方は少ないそうですが、気配を感じたり、ものが動いたりと、数多くの現象が起きているそうです

ぜひ一度、プレゼントを持って、泊まりたいですね

実家にも座敷童子ちゃんが!!

また、数少ない私のスピリチュアルな話をご紹介

実は私の実家にも座敷童子ちゃんがいましたおかっぱ頭の女の子ですやっぱり服は赤色で、黒いもんぺのようなものを着ているんですよね〜女の子だから、赤が好きなんですかね私も赤が好きです

IMG_0699.JPG

看板犬の大雅くん)

話がそれましたね座敷童子は奥座敷にいると言われているそうですが、私の家では、家の中にある1階の食品庫と階段のところにあるちょっとした収納スペースが好きな女の子でした

私が小さいときは、よく廊下で見かけることがあり、私は幽霊だと勘違いしていましたですが、祖母に座敷童子だよと教えてもらい、それからは恐怖心がなくなりました直接会話することはありませんでしたが、今でも実家に帰ると女の子の影を見るときがあります

IMG_0056.JPG

大雅くんと2ショット)

皆さんの家にも座敷童子さんが、住んでいるかもしれませんよ

それでは、このへんで★

へば〜〜〜!!

渡邉衣里

渡邉衣里

秋田県大仙市

雪を求めて、花火を求めて、音楽を求めて、お米を求めて、たどり着いた。そう、ここは秋田県大仙市。大仙市地域おこし協力隊員のえりです!大仙市を包み隠さずご紹介!まずは、言葉のなまりについていくことから始まる…。Let's Enjoy!★

コメント

この投稿者の移住ブログ

秋田県大仙市(だいせんし)の移住ブログ