秋田県大仙市からのお知らせ 第2回東北U・Iターン大相談会に参加します!!

水神社と長野神社

どーも!どーーーもーーー!!えりです♪

先日、ともさんと中仙地域の神社をめぐってきました

もう夏だ!!!と思わせる晴天でしたが、神社に着くと涼しくてびっくり

秋田県で唯一の国宝がある神社へ

最初に向かったのは『水神社』という神社で、線刻千手観音等鏡像(せんこくせんじゅかんのんとうきょうぞう)という青銅の鏡が御神体として祀られている神社です

1ぶ.JPG

線刻千手観音等鏡像とは延宝5年(1677)に現在の中仙地域豊岡地区で開墾作業中の堰(水路や河川をせき止めるもの)から発掘された、平安時代後期(11世紀ころ)の作だそうです

残念ながら訪れた時は見ることができませんでしたが、水神社の例大祭の日「毎年8月17日」に見ることができます

2ぶ.JPG

ちなみに、御神体は「線刻千手観音等鏡像」ですが、御祭神(その神社に祭られている神)は、水神である水波能売命(みずはのめのみこと)です

例大祭のときに拝むことができるので、ぜひ!!例大祭に来てくださいね

街中を歩いていると・・・

中仙の街中を歩こうということになり、風情ある街の景色を眺めながら歩くのはとても気持ちがいいと思っていると・・・

8ぶ.JPG

鳥居を発見・・・

『え・・・!?神社があるよ!!』

ということで、一の鳥居をくぐり、住宅の間の参道を歩き始めると・・・

『え・・・!?すごい雰囲気の鳥居と参道!!』

9ぶ.JPG

二の鳥居がとても立派で、参道も小石が敷かれたとてもおしゃれな参道でした

そのまま少しカーブがかった参道を歩いていくと社殿が見えてきました!!

ここは、長野神社という神社です

10ぶ.JPG

長野神社の裏手には、玉川が流れていて、玉川の向こう側には『長野山』という山があります

長野山は古来、山全体が霊山として人々の信仰の対象になっていて、峰には薬師堂、蔵王権現社、太平山神社、松尾神社、金毘羅神社などが祀られていたそうです別名「五社堂山」とも呼ばれていました

宝永6年(1709)、峰に蔵王権現社が建立された時の軒札が残されているんだとか

この神社は明治8年に長野村村社となり、その後地域の小社を次々に合併し、今では10の神々が祀られています

11ぶ.JPG

昭和21年に「長野神社」となり、長野山頂上から現地に移さたそうです

とても歴史深い神社をたまたま見つけられたなんてとてもびっくりしました

えりのちょっとスピリチュアルな話・・・

神社は、神様がいる神聖な場所だから、神社めぐりをしてたくさんパワーをもらおうという方も多いかと思います

私自身も神様にパワーをもらって元気になることがありますですが!!『人間と神様にも相性があるのではないか』と私は思います相性というか、神様のパワーと私自身のエネルギーがマッチするかどうかということです

神様のパワーが強かったりして私のエネルギーとマッチしない神社では、落ち着かない雰囲気というか、そこに居ずらいソワソワする感じというか・・・、第六感のせいか、血が騒ぐんですきっと、何となく分かる人がいるはず!!!!

私は、落ち着かない神社や、とてもいいパワーを感じるけど滅多に訪れることができない神社には、願掛けはせず『神社を訪れることができた感謝の気持ち』を神様に伝えています

12ぶ.JPG

ただ、私のエネルギーと神様のパワーがマッチしていると感じた、身近にある神社には、『日頃の感謝』と『前回祈願したお礼』、あれば『今願う祈願』を神社を訪れる度に必ずします

皆さんも、神社を巡るときは、神社の雰囲気と神様のパワーを深呼吸しながら感じようとしてみてください自分のエネルギーと神様のパワーがどんな風に伝わり合うか、きっと体感するはず

自分の住んでいる地域に自分だけのパワースポットが見つかると、とても心強いですよ皆さんも、神社めぐりをしながら、探してみてくださいね

えりのお気に入りの1枚

水神社の二の鳥居に触れながら、神社に対する思いや考えをともさんとお話ししている時にパシャり

水神社の雰囲気とパワーを心と体で感じている時の写真です

6ぶ.JPG

自然体なともさんを撮ることができて、大満足

長くなりましたが・・・このへんで★

へばな〜〜〜!!

渡邉衣里

渡邉衣里

秋田県大仙市

雪を求めて、花火を求めて、音楽を求めて、お米を求めて、たどり着いた。そう、ここは秋田県大仙市。大仙市地域おこし協力隊員のえりです!大仙市を包み隠さずご紹介!まずは、言葉のなまりについていくことから始まる…。Let's Enjoy!★

コメント

この投稿者の移住ブログ

秋田県大仙市(だいせんし)の移住ブログ