若手建元の意気込み!!

どうも!!大仙市地域おこし協力隊のえりです

いよいよ!!2月10日(土)に『刈和野の大綱引き』が開催されます

今回は、二日町・五日町の建元を取材しました

ぶ66.JPG

昨年も『刈和野の大綱引き』の取材をさせていただきました

『刈和野の大綱引き』について記事を掲載しているので、見てくださいね

「刈和野の大綱引き」No.1

「刈和野の大綱引き」No.2

「刈和野の大綱引き」本番!!

建元になれるまで・・・

建元は、この伝統行事の責任者といわれる存在で、二日町11人、五日町9人の建元が取り仕切っています

建元制度は、昔は世襲でしたが、現在は建元補の中から経験豊かな人が選ばれています

二日町・五日町の若い人たちはまず、実行部に入り、経験を積みます

さらに建元補になり、現役建元のそばで経験を積み、現役建元から認められると『建元』になることができます

建元補や建元になれる年数は人それぞれだそうです

ぶ55.JPG

二日町(上町)の若手建元の意気込み

太田一明さん

ぶ111.jpg

Q.建元になって何年目ですか?

A.今年建元になりましたもちろん仕事があるから大綱作りに参加できない時もあるけど、できる限り参加しています

Q.建元になって初めての『刈和野の大綱引き』をむかえますが、意気込みを教えてください!!

A.今までも『刈和野の大綱引き』に携わっていて、建元になっても勝ちたいという気持ちは変わらない3連敗しているので、今年こそ勝ちたい

ぶ22.JPG

大綱を飾るために形を作る「とぐろ巻き」を行っている二日町の建元は、和気あいあいとしていて、とても活気あふれていました建元の年齢層が若くなっているそうで、『刈和野の大綱引き』当日は建元の若さあふれるパワーに期待しています

五日町(下町)の若手建元の意気込み

まーちゃんさん

ぶ333.jpg

Q.建元になって何年目ですか?

A.建元になって3年目です子供のころは自分が建元になると思ってなかったけど、建元になったことで『刈和野の大綱引き』を守っていきたいと思うようになりました

Q.『刈和野の大綱引き』への意気込みを教えてください!!

A.地域の伝統あるお祭りに関わることが地域への恩返しだと思うようになり、勝ち負けがあるけど、無事に終わってほしいと思っています

ぶ44.JPG

とぐろ巻きを行っている五日町の建元は、笑いが耐えない賑やかな雰囲気の中でも、真剣な眼差しで作業を行っていました『刈和野の大綱引き』当日は気迫に満ちる五日町の建元に期待しています

米の値が上がるのか!!豊作か!!

『刈和野の大綱引き』は平将門の一族である長山氏が刈和野に土着し、長山氏の氏神が市場を守護する神「市神」であり、その祭事として綱引きが始まりました

昔は二日町(上町)、五日町(下町)、その勝者がその年の市場開設権を獲得していました

今は、二日町(上町)が勝てば米の値が上がり、五日町(下町)が勝てば豊作といわれ、その年を占う「お告げ」が下されます

2018年はどちらが勝つのか

提灯の振りに合わせて『ジョウヤサノー』と掛け声をかけながら『刈和野の大綱引き』に参加してみませんか?

ぜひ、大仙市西仙北地域の500余年の伝習『刈和野の大綱引き』に来てくださいね

それでは、このへんで★

へば!!

渡邉衣里

渡邉衣里

秋田県大仙市

雪を求めて、花火を求めて、音楽を求めて、お米を求めて、たどり着いた。そう、ここは秋田県大仙市。大仙市地域おこし協力隊員のえりです!大仙市を包み隠さずご紹介!まずは、言葉のなまりについていくことから始まる…。Let's Enjoy!★

コメント

この投稿者の移住ブログ

秋田県大仙市(だいせんし)の移住ブログ