秋田県大仙市からのお知らせ 11月16・17日 大仙市移住相談会を開催します!

!!藁で作った巨大『かまくら』!!

どうも!!大仙市地域おこし協力隊のえりです

2月3日(土)に太田の火まつりが開催されました

昨年も太田の火まつりにお邪魔し、お祭りについて紹介しているので、ぜひ見てくださいね

https://inaka.arukikata.com/akita/daisen/blog/akita_daisen_02/2017/02/post-8.html

かまくらと言えば、横手市で有名な雪のかまくらですが、大仙市太田地域では、藁で作った塔のことをかまくらと言います

今回は、「かまくら」に火をつけて行われる迫力満点の天筆焼きについて取材しました

その「かまくら」はどうやって作られているのか・・・

巨大な『かまくら』は8メートル

巨大な「かまくら」の骨組みは、大きな立木と鉄骨でできています

雪で土台を作り、立木を3本立てて、鉄骨を木と木の間にはめ込みます

ぶ11.JPG

次は、鉄骨に藁の束をはさめ、かまくらを作っていきます

手が届かない高さは、脚立を使い、さらに届かない場所は高所作業車を使います

ぶ22.JPG

かまくら作りのリーダーは80歳

巨大な「かまくら」作りのリーダーは80歳のおじいちゃん

通称『むとうじいちゃん』

高所作業車の運転も難なくこなし、80歳とは思えないほど元気です

ぶ33.JPG

かまくら作りチームは、とにかく笑いが耐えず、年齢を感じさせない元気な方ばかり

むとうじいちゃんにお願いして、私もお手伝い

ぶ44.JPG

高いところが苦手な私ですが、高所作業車に乗せてもらい、かまくらのてっぺんまであげてもらいました

下にいる人がフィギュアのように小さくなり、見たことのない景色が目の前に広がりました

ぶ55.JPG

太田の火まつり本番

お祭りの当日は、神事から始まり、紙風船上げや雪中田植えが行われました

私がお手伝いした紙風船も夜空に舞い上がり、幻想的な光景を見ることができました

ぶ66.JPG

次は、冬の澄んだ夜空を花火が彩ります

巨大「かまくら」を入れて、花火の撮影をしました

_4323.jpg

さあ!!いよいよ天筆焼きの時間かまくらに火が付くと、一気に火が燃え上がりました

迫力満点

約3日かけて作られた「かまくら」は、バチバチと音を立てながら大きな炎になり、その美しさと迫力に心奪われました

ぶ77.JPG

むとうじいちゃんをはじめ、お父さんたちが作り上げた「かまくら」は、たくさんのお客さんを魅了したと思います

こうして、地域の方が力を合わせ、お祭りを守っているんだと実感しました

これからもたくさんのお客さんが大仙市に訪れますように

それでは、このへんで★

へば!!

渡邉衣里

渡邉衣里

秋田県大仙市

雪を求めて、花火を求めて、音楽を求めて、お米を求めて、たどり着いた。そう、ここは秋田県大仙市。大仙市地域おこし協力隊員のえりです!大仙市を包み隠さずご紹介!まずは、言葉のなまりについていくことから始まる…。Let's Enjoy!★

コメント

この投稿者の移住ブログ

秋田県大仙市(だいせんし)の移住ブログ